2018年06月11日

松尾大社

京都旅行のブログが途中で止まっていたので
前のブログから重森三玲繋がりで (何が??? って突っ込まないで)
松尾大社
重森三玲の遺作だそうだ
自分的には東福寺や東福寺塔頭の方が好きだ
まぁ、好き嫌いは別として
独特の世界観は凄いと思う









大小幾つかの庭に分かれている

巨石が立った庭
裏に回ると石の大きさに驚かされる
あの巨石を斜めに立てるのはかなりの冒険で
あの石を倒れないような工夫もされていると思う

次に感じたのが
五月・・・・
五月って作庭された時とその後の管理で全然違ったりする
庭にとって一番難しい植物だと思う
庭に与える影響は物凄く高い
なのにその後の管理って結構おろそかにされるし
刈る人のセンスに左右される
それを案外下っ端が刈っていたりする

あと笹
笹も管理が結構難しい

コンクリートを平気でむき出して使う
これも世界観と時代の違いなんだろうか

竹垣が全てプラ垣になっていたけど
竜安寺と違って
ここは許せる (笑)
建物がコンクリートだし無理に天然竹を使わなくてもいいと思う


同じカテゴリー(庭の観て歩き)の記事画像
しょうざん
白沙村荘
桂離宮と足立美術館
修学院離宮
祇王寺
竜安寺
同じカテゴリー(庭の観て歩き)の記事
 しょうざん (2018-05-14 23:13)
 白沙村荘 (2018-05-11 23:54)
 桂離宮と足立美術館 (2018-05-10 22:10)
 修学院離宮 (2018-05-09 23:24)
 祇王寺 (2018-05-08 23:36)
 竜安寺 (2018-05-07 23:39)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。