2018年06月30日

枯れ枝の多いもみじ

今日はだいぶ前にお伺いしなければならない現場
年2回管理してます
そこのお宅で
なんか去年からもみじの枯れ枝が目立つ
実は先日チョットお伺いしたお宅のもみじも枯れ枝が多い

その2軒の共通点
奥様がとてもきれい好きで草一本生えていない
落ち葉も落ちていない
共通ではない点は
今日の現場は大きいワンちゃんが放し飼いになってる
他の一軒は土が粘土質

今日のお宅の奥様と少し話をしたら
去年定年になって
毎日のように庭を掃除している

私の思う答え
土が固まってしまっているのかなって感じです
土を柔らかくして土の中に空気を入れたい
寒中に腐葉土と寒肥を施すといいかなと思います
粘土質のお宅の奥様にもその旨は先日お伝えし
今日の現場の奥様にも提案しました


  


Posted by ひがし at 00:11Comments(0)手入れ・管理ひとりごと

2018年06月29日

今日も伐採

今日は急ぎの仕事で山茶花とレッドロビンの伐採
この時期とっても恐い木です
何がって思う人もいると思いますが
植木屋は誰でも知ってるはず
チャドクガとイラガ (笑)
キンチョールとムヒEXは忘れずに持っていかないと
幸いな事にいなかった
消毒はしていたのかもね
は~~~~~~~ 良かった


  


Posted by ひがし at 00:01Comments(0)手入れ・管理

2018年06月27日

シマトネリコとジューンベリーの伐採

今日はだいぶ前から依頼を受けていたお宅2軒
1軒は大きくなり過ぎたシマトネリコ
写真を撮り忘れたのですが
かなり太くなってしまいました
何年か前から元から切った方がいいですよとアドバイスしていたのですが
今年承認頂きました
元から切ってふかし直しします
シマトネリコはへたな剪定をするなら
この方がいいです
枝先を余り切らないで
優しく涼しげな木になります

続いてもう一軒
ジューンベリーの伐採
ベリーとかって名前だと余り大きくならないイメージの方が多いですが
結構大きくなります
敷地に余裕がないと伐採しなくてはならなくなる可能性があります
植える時はご注意を・・・


  


Posted by ひがし at 22:42Comments(0)手入れ・管理ひとりごと

2018年06月03日

日曜日の仕事

日曜日には日曜日の仕事があります
とゆうわけで
今日はお寺1軒と幼稚園2軒の消毒です

幼稚園の消毒は日曜日がいいですね
せがれが日曜日も大丈夫だよって言ってくれたので出来ますが
広い敷地に複雑な地形だったりすると
1人で消毒は厳しいです
2人でホースを引いてもらえば楽に出来ます

鳥小屋にシートをかけるのですが
これだって一人だと結構面倒です





消毒後椿の下を見たら
こいつがいた
こんなに大きくなっていた
見ただけで痒い
  


Posted by ひがし at 23:36Comments(0)手入れ・管理

2018年06月02日

今日は緑摘み+α

今日は緑摘みだけの予定が五月の刈込までやったいました
ってか 
例年だと五月の刈り込みは10日後位を目安に来てました
今年は五月がかなり早いですソテツももう芽が出てきました
古葉を全て切ってスッキリ





ここのお宅は
5月に松の緑摘み
6月に五月の刈り込み ソテツ
9月に槇の木
12月に松と全体的な手入れ
年に4回お伺いしてます
この位手を入れればいつもきれいでいます
ここまでしなくても
年2回入るといいですね
  


Posted by ひがし at 23:10Comments(0)手入れ・管理剪定

2018年06月01日

今日も緑摘み

この時期限定ですからね
なんか 今年は少し芽が硬い気がする
それにいつもは五月が一番のピークなのに
もう殆ど終わり
今年は季節が進むのが早い
暑くなるのも早いって・・・・・・・・・ 事か
ってか  もうすでに暑い



ちなみに今日の現場のは15,6年前かな
元々ここにあった石と木だけで改造した庭です
五月は少し入れたけど・・・

そしてこの庭をを観た人がこんな庭が欲しいって事で
今月工事に入る予定です


  


Posted by ひがし at 22:52Comments(0)手入れ・管理ひとりごと剪定

2018年05月31日

やっと現場復帰

風邪で1週間休んだなんて初めてかもしれない
やっと今日から現場へ復帰出来ました

昨日からっていえば昨日からなんですが
昨日は今施工中の現場の資材や材料集めや積み込み
色々やる事は多かったけど
現場とは緊張感が違いますね

ただ今日から現場復帰といっても
今日は松の緑摘み
この時期限定の作業だし
これ以上遅くはしたくないし
お客様にお断りして庭工事は中断させて頂きました



私がこんなになって仕事にならない時はわけし達はどうしてるの???
その間に松の緑摘みに行けばいいんじゃないのって思うでしょう

そこがワンマン会社の最大の弱点
うちのお客様の殆どの方は私が行かないと納得してくれません
昔の話ですが
かなり優秀なわけし2人でお伺いしたお宅で
奥様から電話がありました

「東郷さんが来なきゃ駄目だよ、どんな優秀な人でも駄目よ。
私は東郷さんにお願いしてるのよ、現場に来て座って指示するだけでもいいのよ。」・・・・って
とても光栄な事です
それからどんな小さな現場でも私は必ず行きます

大きい所だと社長、事務、営業、現場とそれぞれ分業していると思いますが
それだとどうしても話の行き違いとか多いみたいですね

うちのような零細企業は私が全てかもしれません
そしてそれが私の生きる道だと思います
  


Posted by ひがし at 23:12Comments(0)手入れ・管理ひとりごと

2018年05月03日

山茶花の強剪定

今日も矢中の杜
狭い坪庭に大きい山茶花が植わってます
これは実生でなくここに植えた物だと思います
山茶花でここまで大きくなるには結構年数が経ってます

ここ矢中御殿を案内するのに一つの目玉が陸屋根
外から見ると普通の屋根ですが
実は屋上になってます
この当時としてはかなり斬新なアイデアであり
ここからの眺めもとてもいいです

しかしここを案内するのにこの山茶花が邪魔をして案内出来ません
かなりの強剪定が必要です

ただ山茶花は強剪定に弱いです
最悪枯れる事もあります
強剪定には今がベストな時期
程度を考えながらも
思いっきり強剪定しました





今日はシイノキとモチノキも強剪定したのですが
これは強剪定にも耐える木なので写真を撮り忘れました
シイノキはチョット注意して下さい
  


Posted by ひがし at 00:11Comments(0)手入れ・管理剪定

2018年05月01日

モッコクの強剪定

今日は北条の矢中の杜
樹齢30年位だろうか
今迄殆ど手入れをしていなかった
誰も住まなくなってから実生で出た物だと思う

枝が屋根に当たったり
葉が樋に詰まったり
かなり思い切った剪定が必要です

ビフォーアフター
モッコクって結構難しい木です
私は得意です  (笑)
モッコクのコツは流れに逆らわない事
流れに乗る事
それだけです
うちに今迄かなりの数の従業員が来ましたが合格出せた人は
1人もいません




  


Posted by ひがし at 23:49Comments(0)手入れ・管理剪定

2017年09月27日

庭の管理

今日で何日目になるのか
かなり大きい庭の管理にお伺いしてます





これだけの高さの木の剪定するなんて滅多にある事ではありません
ここのご主人は管理の手間がかからない
容易に維持できる庭を目指して植栽しました

しかし
さすがにこれだけの規模です
かなりの手間がかかります


ここ最近伐採の仕事がとても多いです
代が変わって管理費が大変なので
植木の数を減らすのが目的ってのが殆どです

そうなんです
庭を管理する者として
自分の自己満足の管理が先行すると
そうなってしまう事は多くなります
管理費を抑えても維持出来る庭造りと
そんな管理を目指してます
それは手を抜くって事ではなく
無駄な手間をかけない
自己満足に走らない
そんな技術を身につける事です

  


Posted by ひがし at 23:48Comments(0)手入れ・管理ひとりごと

2017年09月23日

枝下し

どうも最近PCの調子が悪くて参ります
BSキーを押すとバグリます、なんでだろう??

長文のいいブログを書いてて終わり頃でバグられたら参ります・・・ (笑)
なるべく短く簡潔にしようと思います

さて
今日のブログはそんな訳で先日ネタです
常総市のお寺の大木の枝下しです
何年か前に枝おろしはしたのですが
成長の早い木はいつの間にか大きくなってます

お隣の屋根と門に枝が被ってます
屋根は枝が被ると弱ります
なんでって位弱ります
気をつけて下さい


  


Posted by ひがし at 23:50Comments(0)手入れ・管理

2017年09月16日

五葉松の剪定

昨日から常総市のお寺の庭の管理に伺ってます

私は基本的に松の剪定は10月以降にすると思ってます
しかし今度の日曜日にイベントがあり
その後にお彼岸があります
ここのお寺はとても多くの人がお参りに来ます

イベント前に植木を剪定してお客様をお迎えする
これもおもてなしです
そんな時に10月以降しか松を剪定しませんなんて言いません
柔軟な対応も必要と思います


  


Posted by ひがし at 00:31Comments(0)手入れ・管理

2017年06月23日

枝下し 完了

なんとか智恵子ちゃんの活躍で終わりました



こんな状態までに2本の楠の枝を落としたのに
外から見ると殆ど変化無し (笑)
金木犀がその2本をカバーしてくれてます



この大きい楠の下にかなり曲がってしまった春日灯篭があります
作業前に外しておいたのですが
又立てる時に真っすぐに直そうと思っていましたが
楠の根が邪魔をして簡単には直せません
今回は断念しました

しかし
何て品のいい春日灯篭なんだろう
名品だと思います





余り多くは紹介出来ないですけど
ここにはこんな大きな赤玉石があります
びっくりです

ここはつくば市北条 旧矢中邸
通称矢中御殿
今はNPOで管理してる矢中の杜
毎週土曜日一般公開してます
是非一度見てください
つくば市にこんな凄いのがあったんだって驚くと思います
素晴らしいです



  


Posted by ひがし at 23:54Comments(0)手入れ・管理

2017年06月22日

枝下し 二日目

昨日が雨降りで
今日が枝下し二日目

こいつが超大物
6段ユニックのゴンドラ目一杯伸ばしても全然届きません
その上
この木の枝の下には隣のお宅の車庫
わずかな木っ端でも屋根に穴を空けかねません
細心の注意が必要です



しかしここからの景色が何とも素晴らしい





今日はなんとかここまで行った

しかしここからが本番
一昨日の木も面倒な所がまだ残っている

明日は秘密兵器の知恵子ちゃん ?????? を使うか (笑)



時々うちの親方訳のわからない事を言います (わけしの心の言葉)(笑)
  


Posted by ひがし at 23:21Comments(0)手入れ・管理剪定

2017年06月20日

大きい楠の枝下し

楠ってとってもいいですよね~~~
公園レベルの広さがあれば・・・・ ですけど

ここもとても広い所ですが
いかんせん楠の成長はそれを超えてます

自分の家の中だけで済めばいいのですが
お隣にも迷惑をかけてしまうし
塀も壊しかねない勢いです
それも2本

そんなわけで枝下し
しかし下は大谷石の塀
太い枝をまともに落としては
角が割れたりします
しかも見積もりの時に気が付かなかった
電話線
ど真ん中を通ってた・・・



  


Posted by ひがし at 22:31Comments(0)手入れ・管理

2017年06月19日

北山台杉の剪定

難しい剪定シリーズです (笑)

北山台杉を難しいって言うと え~~~~って言う人もいるかもしれません
私にとっては超難しいです

また今までに上手いと思ったのは京都のしょうざんだけです
あのしょうざんの剪定をしたいのですが上手くいきません

これは先日のお寺の台杉です
どっちもお寺でした
先にお伺いしたお寺です

この台杉は当初は1本立でした
段々立ち木を何本か立てて今の姿になりました
少し寂しかったので多めに立てましたが
1本切ろかなとも思いましたが今回は切りませんでした

あともう少し幹を太くしたいです
もう少し葉を多めに残せばいいかもしれませんが
そうすると芯より脇芽の方が強くなったりします
それが最悪です



難しい木ばっかりです
なかなか庭師って自分を呼べるようになれません
多分一生呼べません
ってか呼んではいけません
一生呼びません 


  


Posted by ひがし at 23:30Comments(0)手入れ・管理剪定

2017年06月17日

しだれ桜の剪定

しだれ桜も余り切りたくありません
しかし切らなくてはなりません

植えて5、6年位経つかと思いますが
今までは歩くのに邪魔になる枝だけ落としてました
しかしもう限界です

下枝と懐を殆ど落とし
混んでる所を透かし
でも細かくは切りません
悪魔のように細心に天使のように大胆に・・・ (故黒澤明監督)

切り口にはもちろんトップジンを忘れずに

ここの場所はかなり広い所で余裕があります
ふわっと作れます
結構背も高いのですが
場所が広いのでもっと高くしてもいいです
添え木を立てて芯を立てます
竹屋さんにあった一番長い丸太です
物足りない感もありますが
この枝が立てばここから1mは高くなります

とにかく大きくなる木は余裕を持って・・・・ですね



  


Posted by ひがし at 23:10Comments(0)手入れ・管理剪定

2017年06月15日

シマトネリコの剪定


シマトネリコも余り切らずに自然に出来たらと思います
しかし それは無理です
大木になってしまいます

今日お伺いしたお宅は年2回剪定します
この時期はシマトネリコだけを剪定します
秋にはシマトネリコは剪定しません

ただもうかなり太くなっています
もうここのお宅へ行くようになって何年経つのか
初めの年には株立ちの1本を元から切らせて頂きました
順次1本づつ切ってふかし直そうって事でした
しかしその後切る許可は頂けません
シマトネリコは幹を途中から切る剪定を続けていると形はだんだん悪くなります
素直にスーって細い幹が伸びた方が素敵です

去年は来年切りましょうって事になっていたのでチェーンソーを用意して行ったのですが
使えませんでした・・・・
今年も来年切りましょうって話したのですが
多分無理です

株立ちの1本が抜けるとその時は少し間が抜けます
しかし木は利口です
きちんと自分で姿を直します
シマトネリコような勢いのいい木はすぐに穴をふぎます
今はそんな剪定にはとってもいい時期です

去年からの写真を見れば一目瞭然なんですけどね
写真は上から 去年の6月
中が去年の10月
下が今日です
何度説明しても理解して頂けなくては説明する事も嫌になります
来年は説明しないかも・・・・







  


Posted by ひがし at 23:32Comments(0)手入れ・管理剪定

2017年04月15日

強剪定

去年の暮れに依頼された剪定
大きくなった木を思いっきり切り詰めてほしいとの依頼でした

ただ時期的に良くないので春にしましょうとゆうことになり
今日剪定してきました

写真あまり撮れなかったのですが
金木犀
殆どボウズです
金木犀は大丈夫です



エンジュ
ご主人がボツボツどこでも関係なしに切ってあったんですがそれを切り直して
かなり小さく詰めます
落葉樹はボツボツ切ってはいけません

コツって程でもないのですが
切り口を見せないように切る・・・・って言うか
きちんと切ると切り口が殆ど見えません
相当な量を切ったのですが
まだ剪定途中ですが
殆ど切り口が見えないと思います



  


Posted by ひがし at 23:34Comments(0)手入れ・管理剪定

2017年03月31日

今日は槇の木

今日は朝一に槇の木
始めると  えっ・・・・・って感じ
枯れ枝が半端ない

そうやったらこんな風に刈れるのか
刈り込みだけだったら懐が枯れるのはわかる
しかし 表面をこれだけ枯らすにはどうすれば出来るのか
全く想像出来ない
時期の悪い時に深く刈ったのかな・・・・



  


Posted by ひがし at 23:47Comments(0)手入れ・管理剪定