2018年11月17日

詠み人知らず

昨日のブログの現場を午前中で終えて
午後から別の現場へ

そこの近くには農協があり
今日と明日は収穫祭で大賑わい
これが本物のハロウィン ???



色々なイベントがあり音だけだけど結構楽しい
BGMに坂本冬美が唄うニューミュージックのカバー曲が流れている

その中の一曲が荒井由実の「あの日に帰りたい」
私が高校生の時TVドラマの主題歌で流れた曲
荒井由実は初めて聞いた あの時の衝撃は今でも忘れない

余談だけど
実はここの現場の娘さんが小学校の時
私はその子の家庭教師をしていた (笑)
その子相手に荒井由実談義をした事がある
なんとも不思議な縁

話は戻るけど
その松任谷由実が言った 目標は詠み人知らずになる事・・・・
凄いな~~~
何百年後も歌い継がれる 
詠み人知らずにはならないと思うけど
伝説として名前と曲は残ると思う

しかし私が携わる庭はどうだろうか
昭和の巨匠 飯田十基の庭さへもう既に殆ど残っていない
庭ってそんな はかない物なのだろうか

  


Posted by ひがし at 23:25Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年11月16日

谷田部に過ぎたるもの三つあり

今日の現場は谷田部に過ぎたるもの三つありと言われた江戸時代の名主のお宅
その人は凄い発明家で今でも谷田部ではからくり人形の逸話が今でも残っている

その発明家の設計した五角形の建築物 五角堂が茨城県の史跡に指定され残っている
そこを見物に来る人は結構多い
今日も7,8人のグループと一人で来た人がいた
私は五角堂の傍で剪定していたので
私に見せてもらっていいですかと聞く
私は 「私にはわかりませんので、インターホンで聞いて下さい。」と 答える
お家の方は「いいですよ、どうぞ。」と 答えるのは間違いない
でも私が勝手に許可を出すわけにはいかない
当然の事だ

しかし一人で来た人は周りを見るだけですよって言う
なんだろう 建物も中も公開してると思っているのか???
建物周りを見るのだって そのお宅の敷地内に入って見る訳で
許可なしに敷地内に勝手に入っていい訳はない
私は「許可を取って下さい。」と言うと
不機嫌そうな顔をしてインターホンを押していた

多分こんな人がいるんだと思う
今日は私がいたから言ったけど
許可なしに敷地内に入って見ている人はいると思う
最低限のマナーだと思うけど・・・・

私が昔施工した1000坪の庭
そこも外から見ると
凄く気になると見えて
平気で人が入って来る
個人邸なのでご遠慮下さいと言うと
公園じゃないのって言われたことがある
公園と個人邸の区別もつかないのだろうかと思ったことがある

話は戻るけど
ここのご主人の趣味は陶芸
庭のあちこちにオブジェが置かれている
その何気なく置いてあるオブジェの一つ
水鉢にして菊を浮かべている
なんとも素敵


  


Posted by ひがし at 23:05Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年11月14日

木登り

月曜日から2日半予約の現場があり
チョット空いてしまいましたが
午後から先日の梅の木の現場に復帰

もう梅の木のチェーンソーアート状態です



かなりの強剪定になってしまいました
余り良くはないです
が どうにもこうにもならない状態です
切り口から内部に枯れが進んでいます


しかしもっと酷いのがこれ



これって何だかわかりますか
これは長年木登りして痛めた樹皮です
これは絶対に直りません
全ての枝がこうなってます

私の所では基本的に木登りして剪定はしません
でも登らなくてはならない時はあります
木登りで樹皮を傷める事を知っていれば
木登りしても注意します

それを知らないと
地下足袋でグリっと捻ると樹皮が痛みます
梅の樹皮はかなり硬いですが
それでも痛みます
常緑広葉樹では簡単に痛みます

しょうがないですね
どうにもなりません
  


Posted by ひがし at 23:01Comments(0)日々の仕事ひとりごと剪定

2018年11月10日

植木の剪定

今日の現場は去年からお世話になってる現場
去年は手を入れられなかった所を少し重点的にしようと思ってます

まず私が入る前も植木屋さんが入っていました
こう言っては失礼かとは思いますが
言っておかなくてはならないと思い言います

酷い 酷い 余りにも酷い
これでは木がかわいそうです
木は弱ります
切るのをどこでも構わずに切られています
そこが枯れています
そこから下にまで腐っていきます

まず松の木
去年出来るだけそんな枝を切り戻したのですが
まだまだたくさんあります



シャクナゲですが普通にどんな木でもこんな切り方をしてます



次に梅
手の施しようがありません
強剪定はしたくないけど
するしかないでしょうね





言っておきますが
全て悪い例です (笑)

こんな植木屋と一括りに植木屋と呼ばれる事は冗談じゃないです
ちなみにこの植木屋と私の日当は1000円違い
私の方が1000円高い 
倍もらいたい (笑)

でも思う
酷い植木屋を見てもしょうがない
上を見よう
自分よりもっともっと上手い人がいる
そっちを見よう
  


2018年10月19日

追加工事

今日は夏に施工した庭の追加工事です
夏の工事は枯れ池と枯れ滝でしたが
今回は土留めです
夏の工事とのつながりも大切です
木は増やしたくないとの事でしたので
石だけで
木はこちらのお宅にあった物を使います
前時代的なお庭ですが
ご主人の好みに合わせる事は大事な事です



完成後 庭を眺めているご主人です
88歳 冥途の土産だって笑ってます

88歳で新たに庭を造ろうって事は凄いパワーです
まだまだ冥途には行きません
結構広い庭ですが
草一本生えていません
小さい木の管理も全てご主人がしてます

私が88歳になって
これだけの事が出来るのか・・・・・
凄いですね
  


Posted by ひがし at 22:25Comments(0)日々の仕事

2018年10月14日

矢中の庭の大掃除

今日は午前中矢中の杜の庭の大掃除です
はるばる東京から来てくれた人もいたり大人数でかかります
しかし矢中は広い
とてもとても全て終える事は出来ませんでしたが
それでもだいぶきれいになったと思います







今日、矢中に向かう途中で自転車のロードレースをやるみたいで
道路を規制していたんですが
交差点に停まっていると
その規制の説明に市役所の職員が来るんです

あっ その人は矢中のメンバー
お互いにあっ 「矢中?」 「うん。」 「あそこだったら通れます。」
話は早い
けど凄いね 
そんな偶然てあるんですよね 
びっくりです
  


2018年10月13日

デッキ完成

今日午前中で完成しました
天気にいじめられましたが
奥様にも喜んでもらえとても楽しく終える事が出来ました



植木屋がウッドデッキを作るって
自分では当たり前だと思っています
家から一歩出たらそこは植木屋の領域だと思っています

以前私は外注しないって事をフェイスブックに書いたら
2回程会ったことのあるフェイスブック友達から
プロ以上に作れるのならいいだろうけど
なんちゃって工事では困るって書かれました

なんで植木屋がプロ以上の物が作れるの?
作れるわけないに決まってる
じゃなんでやるのって事ですが
植木屋がやる事に意味があるんです
植木屋はデッキの出来だけで物を考えません
庭との調和を考えます

ここには元々飛び石が敷いてあります
その石を動かさなくてはなりません
しかしそれはただ動かすわけではなくて
階段と飛び石を繋げます

ここの屋根は他の業者さんがデッキの前に作りました
その業者さんも飛び石が当たったのでしょう
掘りあげて置いてありました
それをその業者さんに据えろって言っても無理です

話は戻りますが
プロ以上の出来って言いますが
何も家を建てる訳じゃない
デッキも大工さんが造ると多分ホゾを掘ったりしてきっちり作るでしょう
私の作るデッキは2X4です 金具とビスで留めます
切るのだって殆どが丸のこです
ノミなんか殆ど使いません
カンナも殆どかけません
サンダーで磨くだけです
私はそれでいいと思います
  


Posted by ひがし at 22:26Comments(0)日々の仕事デッキ

2018年10月12日

雨に負け、ビスに負け~~~~        ない

なんだか 家や別荘を買うバラエティ番組みたいなタイトルになっちゃった (笑)

たいした雨じゃないけど
工具や材木を濡らしたくない
でも
ここの現場は車庫を貸してもらえてその中で作業が出来る
ありがたい

しかし
余計に用意したつもりのビスが無くなった
お昼休みに近くの超有名ホームセンターに買いに行くも
同じのが無い
安価なデッキビスはあったけど
使えない

元々は三方手すりで出入り口の予定は無かった
しかしそれが無くては後で不便になるのは間違いない
追加で階段を二カ所作ります


  


Posted by ひがし at 23:05Comments(0)日々の仕事デッキ

2018年10月10日

Xより三

何のこっちゃ・・・・
ですよね

今日もデッキの現場です
デッキの手すりの何て言うのか ??   欄間???
昔はX字が多かったと思います

自分的にはありふれているし
もっとシンプルな方がいいかなと思います


  


Posted by ひがし at 23:14Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年10月09日

デッキ作りと庭造り

庭を造る時 
私は思いっきり大ざっぱな作り方をする事が多い
感覚だけで
石を据え 木を植える
人によっては1cm単位で石を据えている人もいる
据えながら1cm右とかって指示を出すそうだ
私は石は投げる感覚
大体でいいと思っている

そんな私でも
こうゆうデッキ作りとかではそうはいかない
mm単位で作る
それどころか0.5mm単位かもしれない
どっちが本当の私なのかと思う (笑)
どっちも私
どっちの仕事も好きだ
デッキも一つの庭のパーツだし
緩い庭にきっちりデッキ
私なりにはいいと思う


  


Posted by ひがし at 22:37Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年10月08日

ウッドデッキ

今はデッキの材料も色々です
樹脂製のデッキが最近は多いような気がします
今の現場は注入材で作っています
やはり木で作るデッキはいいですね
木の一番の問題は耐久性
いくら注入材でも必ず腐ります
しかしここは屋根があります
屋根があれば耐久性は格段に上がります

ウッドデッキの床板は結構隙間があります
これは水を溜めないで水捌けを良くする為です
この隙間って結構物を落としたりします
水捌けの事をあまり考えなくて良ければ隙間も狭く出来ます


  


Posted by ひがし at 22:47Comments(0)日々の仕事

2018年10月06日

デッキ作りなのか

石移動なのか・・・・って (笑)
重かった
そして今日は暑かった


  


Posted by ひがし at 23:29Comments(0)日々の仕事

2018年10月04日

人力ヒコーキのバラード

杉田二郎
もう知ってる人も少なくなってきたかもね
自分より上の年代ですね


今日のブログは全然関係なくて
今の現場はデッキ作り
その柱の立つ所に筑波石の飛び石があります
この飛び石を動かそうとしたら
厚い 重い・・・簡単には動かない
いつもならユニックかユンボで簡単に動かせるレベル
しかしここはどちらも入れない
バールだけ
石は動かないけど
身体は動かす
出るのは汗だけ (笑)

デッキが出来上がったら
半分は隠れてしまうけど
いい加減にするの嫌だ・・・・

久々の人力作業
人力ヒコーキは歌詞ほど清々しくはないだろう
汗と涙で飛ぶんだろう
石も汗と涙で動かせば感動するだろう (笑)
人力繋がりでした・・・・・とさ (笑)



  


Posted by ひがし at 23:19Comments(0)日々の仕事

2018年10月02日

根腐れ

昨日の続きです
昨日の木は根元から伐採
写真撮り忘れ

そしてもう一本
かなり古い山茶花が倒れてしまいました
根っこも出ています
完全に根腐れです
木の脇にお墓を建てたのが原因です
土が呼吸出来なくなってしまい
土が死んでしまいました
こうゆうケースはとても多いです








そして午後は
倒れたとても大きな霧島つつじを直しに他の現場へ
穴を掘り始めると
なんか臭い
これも根腐れしてる
ここは環境はとてもいいけど
根から根腐れ菌が入ったんでしょう
とても大きくてご主人がとても大事にしていましたが
この根っこでは直る可能性は無いです
伐採する事になりました
古いつつじは移植に弱いですね


  


2018年10月02日

台風一過は大騒ぎ

朝4時頃に目が覚めた
そしたら真っ暗・・・・
停電
いつもだったら直ぐに直るのに
今日は直らない

うちの車はリーフ 電気自動車
停電の時はその車の電気を家庭の電気に使える機械を付けてある
切り替えようとしたけどうまく出来ない
取説を探すけど
こうゆう時は見つからない
なんとか車の電気をもらえたら
間もなく停電は復旧した

そして今日は朝早くからお客さんが来た
木が倒れたって
電話もあった
木が電線の上に枝が折れたって
それは大変 両方確認して
どっち先か決める
緊急時のドクターみたいだね・・・・・ってか

電線と言っても光ファイバーの線だと思う
3分のワイヤーも一緒に通っている



枝は木から完全に離れている
電線とお隣の塀の上に完全に乗ってる
この枝の下は道路
それも車はすれ違えない
かといって梯子で切るのはヤバイ・・・

通行止めになってしまうけど
ゴンドラで切る事にした
普通だったら文句を言う人が必ずいる
だけど今日は一人も言う人はいない
警察の許可も取らずにこんなに堂々と通行止めにしたのは初めて・・・
で 最後だろうな

次が住まいの前の木が傾いた・・・てか半分折れてる
ここも電線に完全に寄りかかっている
この幹に梯子を掛けなくてはならない
南京で幹を少し起こして今日はここまで







  


Posted by ひがし at 00:06Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年07月28日

先日ネタですが

石って面白い
狙った所に合わずに傍に置いておくと
いつの間にかその場所に合ったりする

どうしても狙い過ぎてしまう自分がいる
狙わずそこに投げとけ・・・・
これって究極
それを狙って出来ればいいんだけどね (笑)
狙ったら出来ない


  


Posted by ひがし at 23:19Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年07月22日

流行りの庭

今の現場のような庭を造る事って最近少ないです
ある意味前時代
昔、流行ったタイプの庭です

でもここの家にはとっても合うと思う
家は和風建築
それも結構古いです
昔の家です
周りは山林です

ここまで出来てきて
ご主人が水を流したいって言います
元々粘土の土地だから
浅く掘れば池になったんだけど
粘土掘っちゃった後なので・・・・
これから池にするのは厳しいですね
ってか無理ですね




  


Posted by ひがし at 00:11Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年07月20日

橋 続き

どうも橋がしっくりいきません
あっちを直し、こっちを直し
なんとかしっくりしたかなと思ったら
ご主人から 橋の下のラインが出た方がいいよって
今迄一言も何も言わなかったご主人からの提案です
出来れば受け入れたいのですが
譲れない所もあります
今回の庭造りの一番の急所だと思います
お互いの妥協出来る所で
脇の石を少し下げて了解してもらいました


  


Posted by ひがし at 23:14Comments(0)日々の仕事

2018年07月19日

ここの現場でご主人が一番欲しがったのが橋
庭に橋を架けたいって

昔の庭のイメージってこんな感じでした
最近じゃ築山の庭は少なくなってきたけど
ここは築山ってより
傾斜地なので自然に土留めをしながらってイメージです


  


Posted by ひがし at 22:21Comments(0)日々の仕事

2018年07月18日

石ってやっかいな奴で
いう事を聞かない わがままな奴で
こいつに言う事を聞かせようとすると 反発する

正面からぶつかっていかなとならない
それも力一杯ぶつからないと負けてしまう
暑さに負けていては石には勝てない (笑)


  


Posted by ひがし at 23:00Comments(0)日々の仕事ひとりごと