2018年07月28日

先日ネタですが

石って面白い
狙った所に合わずに傍に置いておくと
いつの間にかその場所に合ったりする

どうしても狙い過ぎてしまう自分がいる
狙わずそこに投げとけ・・・・
これって究極
それを狙って出来ればいいんだけどね (笑)
狙ったら出来ない


  


Posted by ひがし at 23:19Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年07月22日

流行りの庭

今の現場のような庭を造る事って最近少ないです
ある意味前時代
昔、流行ったタイプの庭です

でもここの家にはとっても合うと思う
家は和風建築
それも結構古いです
昔の家です
周りは山林です

ここまで出来てきて
ご主人が水を流したいって言います
元々粘土の土地だから
浅く掘れば池になったんだけど
粘土掘っちゃった後なので・・・・
これから池にするのは厳しいですね
ってか無理ですね




  


Posted by ひがし at 00:11Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年07月20日

橋 続き

どうも橋がしっくりいきません
あっちを直し、こっちを直し
なんとかしっくりしたかなと思ったら
ご主人から 橋の下のラインが出た方がいいよって
今迄一言も何も言わなかったご主人からの提案です
出来れば受け入れたいのですが
譲れない所もあります
今回の庭造りの一番の急所だと思います
お互いの妥協出来る所で
脇の石を少し下げて了解してもらいました


  


Posted by ひがし at 23:14Comments(0)日々の仕事

2018年07月19日

ここの現場でご主人が一番欲しがったのが橋
庭に橋を架けたいって

昔の庭のイメージってこんな感じでした
最近じゃ築山の庭は少なくなってきたけど
ここは築山ってより
傾斜地なので自然に土留めをしながらってイメージです


  


Posted by ひがし at 22:21Comments(0)日々の仕事

2018年07月18日

石ってやっかいな奴で
いう事を聞かない わがままな奴で
こいつに言う事を聞かせようとすると 反発する

正面からぶつかっていかなとならない
それも力一杯ぶつからないと負けてしまう
暑さに負けていては石には勝てない (笑)


  


Posted by ひがし at 23:00Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年07月17日

もみじ

今日も改造の現場
今日は写真を少し遠目から撮ってみました
元々石は小さいのが並んでいました
石は解体して大きい石を追加し据え直し
五月の大きいのは植えましたが
それ以外は改造前のまま

最初の頃に書いたと思いますが
ご主人にモミジがこの庭には合いますねって言ったのって理解してもらえるでしょうか
時期的に無理だけど
ちょっとでもいいから植えたいですね (笑)


  


Posted by ひがし at 23:42Comments(0)日々の仕事

2018年07月16日

植栽

この時期の植栽はかなり厳しいです
でも五月のような根のいい物だったら出来ます
ここのご主人は五月が好きです
昔の庭の典型ですね
昔は庭は五月をかなり植えました
うちの植木畑にも五月の在庫はたくさんあります
それもかなり大きくなってます

畑にあるよりやっぱいいですね


  


Posted by ひがし at 23:05Comments(0)日々の仕事

2018年07月14日

粘土

現在進行形の現場の土は殆ど粘土・・・・
植木には粘土は強敵
既存の植木の根は半分腐ってます
その木をどうするって事も出来ません
しょうがないと思います

ただこれから植栽する木は枯らしたくはありません
植栽する所だけ土を入れ換えるのも難しいです
土の殆どを入れ換えます

掘ると結構深い
7,80cmはある
フレコン10袋位を予定してましたが
全然足りません
明日フレコン買ってこないと・・・


  


Posted by ひがし at 22:43Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年07月13日

灯篭の向き

今日も改造の現場です
何灯篭なのか
既存の灯篭があります
そこに階段を造ります・・・・
ってか
階段はあったのですが
作り直します

この灯篭の向きが
何でこの向きにしたのかって
とても気になります
前石はそこにありましたが
火口とは違う所に据えてありました

そんな事はたいしたことではありません
で 一番言いたいのは
灯篭の向き
灯篭を据える時って
真正面には向けません
少しずらすんです
これって日本的な感覚で好きなんです

さてこの灯篭はどうしようか・・・・
灯篭のすぐ上に赤松の枝があります
ユニックで簡単には吊れません
だったらこの向きに合わせようと思います


  


Posted by ひがし at 23:25Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2018年07月07日

粘土質な現場

やっと雨があがって
庭の改造現場に行く

粘土質だからまず乾かす事が優先
他の出来る事をまず済ませて
だいぶ乾いたかと思い車を入れる
殆ど入れない・・・・
だけじゃなくて 出る事も出来ない
幸いうちのユニックはリアジャッキがある
車輪の下に砕石を敷きなんとか脱出

そんな事を何回も繰り返し
吊れる重さのだけ据えて
今日は車輪で深く掘られたわだちを整地して撤収
明日1日乾かせば入れると思う



それから先日の三和土の駐車場の現場に向かいます
駐車場の三和土の上に敷いておいた鉄板を撤収して洗って仕上げます
ここも粘土質な土地だけど
ここの粘土は有効に三和土に使わせてもらった
ここの粘土は色が白い
土も結構混ぜたつもりだけど
真砂土も白いし白が少し強めの三和土になりました


  


Posted by ひがし at 22:34Comments(0)三和土日々の仕事ひとりごと

2018年07月04日

庭の改造工事 初日

6月早々に始める予定だった工事
やっと初日です

まずは解体と移植
移植は幸い五月が殆どで助かります

石がたくさんあるのですが
あっちにこっちに点在するだけでまとまりがありません
殆ど据え直さないといけません
力の集中と分散
濃いのと薄いの (何????)(笑)

まずは既存の石の移動と直しから始めます


  


Posted by ひがし at 23:04Comments(0)日々の仕事

2018年06月30日

枯れ枝の多いもみじ

今日はだいぶ前にお伺いしなければならない現場
年2回管理してます
そこのお宅で
なんか去年からもみじの枯れ枝が目立つ
実は先日チョットお伺いしたお宅のもみじも枯れ枝が多い

その2軒の共通点
奥様がとてもきれい好きで草一本生えていない
落ち葉も落ちていない
共通ではない点は
今日の現場は大きいワンちゃんが放し飼いになってる
他の一軒は土が粘土質

今日のお宅の奥様と少し話をしたら
去年定年になって
毎日のように庭を掃除している

私の思う答え
土が固まってしまっているのかなって感じです
土を柔らかくして土の中に空気を入れたい
寒中に腐葉土と寒肥を施すといいかなと思います
粘土質のお宅の奥様にもその旨は先日お伝えし
今日の現場の奥様にも提案しました


  


2018年06月29日

今日も伐採

今日は急ぎの仕事で山茶花とレッドロビンの伐採
この時期とっても恐い木です
何がって思う人もいると思いますが
植木屋は誰でも知ってるはず
チャドクガとイラガ (笑)
キンチョールとムヒEXは忘れずに持っていかないと
幸いな事にいなかった
消毒はしていたのかもね
は~~~~~~~ 良かった


  


Posted by ひがし at 00:01Comments(0)手入れ・管理日々の仕事

2018年06月27日

シマトネリコとジューンベリーの伐採

今日はだいぶ前から依頼を受けていたお宅2軒
1軒は大きくなり過ぎたシマトネリコ
写真を撮り忘れたのですが
かなり太くなってしまいました
何年か前から元から切った方がいいですよとアドバイスしていたのですが
今年承認頂きました
元から切ってふかし直しします
シマトネリコはへたな剪定をするなら
この方がいいです
枝先を余り切らないで
優しく涼しげな木になります

続いてもう一軒
ジューンベリーの伐採
ベリーとかって名前だと余り大きくならないイメージの方が多いですが
結構大きくなります
敷地に余裕がないと伐採しなくてはならなくなる可能性があります
植える時はご注意を・・・


  


2018年06月26日

洗って、洗って

今日は仕上げ
整地して洗って一旦終わり

道路も汚れてしまった
そこも洗って

ゴム足袋忘れて地下足袋も洗っちゃった (笑)




  


Posted by ひがし at 22:42Comments(0)三和土日々の仕事

2018年06月25日

叩いて叩いて三和土 (タタキ)

三和土は叩くのみ
とにかく叩いて叩いて三和土と私は思っている
ってか昔から三和土は叩くもの
これが本来の工法であるはず

昨夜あるTV番組の中で三和土を施工していた
材料は三和土の材料だ
ただそれはモルタルのような状態で
モルタルを塗る感覚
全く叩かないし
あれじゃ叩ける訳はない
これを三和土と言っていいのだろうか

それを昨夜フェイスブックに書いたら
そんな事に目くじら立てなくてもいいんじゃないのって意見があった
目くじら立てるつもりでは無かったつもりだけど・・・・

実際三和土って言葉は色々ある
タイル貼りの三和土とかコンクリートの三和土なんて言葉もある
実際あるハウスメーカーのモデルハウスに
三和土のある家ってのがあって
見に行ったら
タイルを貼ってあった
土間だったらなんでも三和土って言うような感じにも思える
その位曖昧な言葉なんだけど
施工する立場から言わせてもらえれば
叩いて三和土


  


Posted by ひがし at 23:48Comments(0)三和土日々の仕事ひとりごと

2018年06月23日

今朝の天気予報は3時頃から雨・・・
半端な時間だなと思いながら鉄板を積んで現場に行く

残り1スパン
でも3時までには終わらない

作業を始めたが雲が厚い
スマホの天気予報を見ると12時頃から雨
雨雲が近づいている
便利な時代になったもんだ (笑)

三和土施工時の雨は困る
昨日書いたように水はとても大事
午前中で下地は終わる
それが終わった時点で今日は終わりにしよと思う

いい判断だった家に帰ったら雨が降り出した・・・


  


Posted by ひがし at 22:53Comments(0)三和土日々の仕事

2018年06月22日

三和土で一番大切で難しいのが水
水の量
これが全てと言っても言い過ぎではない

天気、気温、湿度
全て考慮しなくてはならない
この現場で三和土を始めて4日目
比較的涼しくて 三和土日和が続いた
しかし今日は晴れで気温も高い
乾くのが速い
一番難しい日になってしまった

友人の京都の親方から
施工中の写真のリクエストがあったけど
終わってからしか撮れなかった


  


Posted by ひがし at 22:24Comments(0)三和土日々の仕事ひとりごと

2018年06月20日

三和土

三和土って何回やっても緊張する

修業時代に経験した物なら親方や先輩の教えをきちんと守れば大丈夫って安心できるだろう
でも何も知らないで施主から昔の土間を作ってと依頼され
殆ど情報も何も無いと所から少しづつ少しづつ情報を集めて
自分なりの土間を作り出した
何回も何回も失敗して
なんとかなりはしたものの
未だに不安で不安でたまらない

でもいつまでも不安でいいのかとも思う
そこからまた何かが生まれるかもしれない




  


Posted by ひがし at 22:56Comments(0)三和土日々の仕事ひとりごと

2018年06月17日

日曜日は忙しい

久々に晴れ間の見えた日曜日
今日は朝と夕方に見積もりの依頼があったお宅に行く
電話で依頼を受けた時点でどちらにも直ぐには出来ない事は伝えてある




五葉松と槇
伸びた所を切っただけなので
懐が凄い状態

松と槇は剪定の適期が合わない
槇の適期にはとても忙しくて行けない
お客様にも
「うちは昔からお世話になってるお客様優先ですので、新規のお客様はその後にしか出来ません。」
と伝えると
「当然です、それで結構です。」
と返事を頂く
そう言ってもらえれば助かります
「来年1月か2月になってしまいます。」
と言うと
「それでいいです。」
ありがたい事です

その現調と見積もりの間に明日の準備をする
明日から道具も材料も殆ど変わる
夕方に現調に行かなくてはならない
準備も終わらないままで掛けるしかない
残りは明日の朝に用意するしかない・・・・

  


Posted by ひがし at 23:52Comments(0)日々の仕事ひとりごと