2016年04月22日

いつもだけど・・・

毎度ながら見積もりは甘いね

早くも予算オーバーは確実




当然だけど私は絶対にオーバー分の請求はしない

それは自分のミスであり

自分の責任を持って提出した見積もり

それを超えたからって請求したら

それは自分を否定した事であり

恥だと思うし

これから先急いで慌てる仕事をするつもりも無い




今の現場は相見積もりするわけでも無し

私の提案を予算の中で受け入れてくれる

こうゆうお客様に満足して頂ける仕事をしたい




今うちにいるスタッフは

一人は2級技能士

簡単な竹垣は出来る

一人はうちに来て1年半だけど経験は5年

だけど竹垣の施工経験はほとんど無い

彼らにとっては最高の舞台じゃないか

彼らの施工のスピードはおせじにも速いとは言えない




私は今日は午前中野暮用で現場に行けなかった

彼らに今日の仕事を昨日指導して

今日は彼らに任せていた

案の定予定した量はこなせるわけはない

結構うるさい私はそんな時は何も言わない

彼らに任せたのだから

私がいない時の方が彼らにとっては勉強になる

自分の頭で考えるから




私のここの現場の気持ちも同じ

金銭的には損だけど

私の好きにやらせてもらっている

楽しませてもらって

それでお金を儲けようなんて

図々しい話だ




ただ 以前にこんな事があった

施主の一言に腹が立ち

意地で損してもとことんやった仕事




金銭的にはかなりのマイナスになってしまったけど

仕事的にはとても満足した仕事だった




しかし

後日そこのご主人に言われた

そのご主人の友人が私を紹介してくれと言われたって

そしたらそのご主人は

東郷さんの所は高いからよした方がいいって言っておきましたって

それを私に平気で言う

そして植木の剪定をお願いしますって言う

さすがにそのご主人を私には理解出来なかった

その後の仕事は丁寧にお断りしました

多分なんで私が断ったかその人には理解出来ないと思う




でも今思う

自分を理解してもらおうなんて事が

おこがましい事であり

所詮は自己満足でいいんだと思う




同じカテゴリー(日々の仕事)の記事画像
詠み人知らず
谷田部に過ぎたるもの三つあり
木登り
植木の剪定
追加工事
矢中の庭の大掃除
同じカテゴリー(日々の仕事)の記事
 詠み人知らず (2018-11-17 23:25)
 谷田部に過ぎたるもの三つあり (2018-11-16 23:05)
 木登り (2018-11-14 23:01)
 植木の剪定 (2018-11-10 22:50)
 追加工事 (2018-10-19 22:25)
 矢中の庭の大掃除 (2018-10-14 23:20)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。