2017年10月03日

前方後円墳か ????



誰が入るんだ ???
やっぱ 俺か (笑)


実はこれは露天風呂・・・・・

誰が入る こんな玄関前の露天風呂 

やっぱ 俺か・・・・ (笑)

  


Posted by ひがし at 23:31Comments(0)日々の仕事

2017年10月03日

仕事の隙間

家の庭は仕事の隙間をぬって進めます

進みません


進めたい



どうも最近 夏の疲れが溜まって
抜けません
昨日の日曜日も現場調査2件、見積もり1軒、集金3軒
休みじゃないよね (笑)
疲れが抜ける暇がない・・・・

今日は説明して
わけし達に任せようかと思ったけど
結局手を出して
そのまま続けてしまう
すると
あ~~~~~~ら 不思議
疲れを忘れてしまう・・・・・

でも夜に疲れがまた出る~~~~ (笑)

そんな繰り返しで
年末まで行くのかもね (笑)
  


Posted by ひがし at 00:07Comments(0)日々の仕事

2017年09月29日

巨岩のパワー

今日で剪定終わりました
終わった後に庭を眺めていたら
圧倒されそうな巨岩が迫ってきます
10トン~20トンクラスの石がゴロゴロ





新人君が
こんな大きい石の庭見た事ありません・・・・て

確かに・・・
1トンクラスの石は小石です
手で上がりそうな気がします (笑)
そうなんです
こんな石を動かす時は
手で動かしてやるって位の勢いがないと動きません
気合と声で石を動かします (笑)
もうあんな声は出ないね・・・・ って言ったら
わけしが 大丈夫ですまだまだ出てます・・・・ って

何て返せばいいのか・・・ (笑)
  


Posted by ひがし at 23:53Comments(0)日々の仕事ひとりごと

2017年09月27日

庭の管理

今日で何日目になるのか
かなり大きい庭の管理にお伺いしてます





これだけの高さの木の剪定するなんて滅多にある事ではありません
ここのご主人は管理の手間がかからない
容易に維持できる庭を目指して植栽しました

しかし
さすがにこれだけの規模です
かなりの手間がかかります


ここ最近伐採の仕事がとても多いです
代が変わって管理費が大変なので
植木の数を減らすのが目的ってのが殆どです

そうなんです
庭を管理する者として
自分の自己満足の管理が先行すると
そうなってしまう事は多くなります
管理費を抑えても維持出来る庭造りと
そんな管理を目指してます
それは手を抜くって事ではなく
無駄な手間をかけない
自己満足に走らない
そんな技術を身につける事です

  


Posted by ひがし at 23:48Comments(0)手入れ・管理ひとりごと

2017年09月23日

枝下し

どうも最近PCの調子が悪くて参ります
BSキーを押すとバグリます、なんでだろう??

長文のいいブログを書いてて終わり頃でバグられたら参ります・・・ (笑)
なるべく短く簡潔にしようと思います

さて
今日のブログはそんな訳で先日ネタです
常総市のお寺の大木の枝下しです
何年か前に枝おろしはしたのですが
成長の早い木はいつの間にか大きくなってます

お隣の屋根と門に枝が被ってます
屋根は枝が被ると弱ります
なんでって位弱ります
気をつけて下さい


  


Posted by ひがし at 23:50Comments(0)手入れ・管理日々の仕事

2017年09月16日

五葉松の剪定

昨日から常総市のお寺の庭の管理に伺ってます

私は基本的に松の剪定は10月以降にすると思ってます
しかし今度の日曜日にイベントがあり
その後にお彼岸があります
ここのお寺はとても多くの人がお参りに来ます

イベント前に植木を剪定してお客様をお迎えする
これもおもてなしです
そんな時に10月以降しか松を剪定しませんなんて言いません
柔軟な対応も必要と思います


  


Posted by ひがし at 00:31Comments(0)手入れ・管理日々の仕事

2017年09月13日

何が出来るの ????



これを見ると
素朴な疑問で もっともな疑問です
誰にもわかるはずがありません
一緒に作っているわけし達でさへ
どこまでイメージしているのかってレベルです
でもこれのコンクリートを急いで詰めている夕方に言われても困ります
それも邪魔な所に立って どかない (笑)

近所のおじさんがいつも遠目で毎日見ています
チョット余裕がある時に聞いてもらえればいいんだけど
一番忙しい時に聞かれても・・・・・
随分不愛想な植木屋だと思った事でしょう

心の中で邪魔って言ってるのが顔に出てると思います (笑)

あっ それさへ気が付いていないか・・・・


ってか
空気読め (笑)
  


Posted by ひがし at 23:21Comments(0)日々の仕事版築

2017年09月11日

チャレンジ

版築は珍しい物ではなくなった気がする
今迄の版築のままでは進歩がない
少しでもチャレンジしていきたいと思う

先日の版築は瓦と色を少し変えてみた
これではたいしたチャレンジとは言えないと思うし
成功とも言えない
少し暗くしたかったけど
もう一つパッとしない

また新しいのを作り始めてみたが
今迄の発想を超えた物・・・・・と胸を張って言える物ではない

まだまだ修行の日々です


  


Posted by ひがし at 23:08Comments(0)日々の仕事版築

2017年09月09日

突いて~~~~~

突いて~~~ 突いて~~~ 疲れて~~~ 突いて~~~~

や~~~がて~~ 男は 静かに眠るのでしょ~~~お~~~~


朝 肩が上がりませんでした・・・・・
明日の朝は もっと凄い事になってる・・・・かも (笑)




  


Posted by ひがし at 22:58Comments(0)日々の仕事版築

2017年09月08日

超久々の残業

うちでは残業は殆どありません
私が基本的に残業が嫌いだからです
決まりなくだらだらやる作業なんて最低です
5時にピッタリって訳にはいきませんが
だらだらって事はありません
きっちり仕事してると5時位までで体力も限界です
それから先何時間しても効率は悪いです

しかし終わりまでやらなくてはならに仕事もあります
今日中に切りのいい所までやらなくてはならない作業はやるしかありません

終わった頃は真っ暗
作業灯を点けるなんて滅多にありません

おかしなもので滅多にない残業のタイミングで
うちに3年以上来てるわけしが初めての早退 (笑)

しかし
突かれた・・・・・・
じゃなくて
疲れた
しかし ある意味突いた~~~~~~~ (なんじゃ(笑))



  


Posted by ひがし at 23:17Comments(0)日々の仕事版築

2017年09月04日

黒竹の御簾垣

先日の竹垣 完成しています (笑)
ブログにアップしたつもりでした (笑)
ちょっとボケの始まりかな?????

始まり?????   って突っ込まないで

実はここは坂東市の日本茶のお茶屋さん
さしま茶のさしまの茶園さんです
元々売店はあったのですが
その売店をリニューアルして喫茶室を作り 駐車場との境なんです
お近くへ行かれた時は是非寄ってみてください





奥には三笠宮殿下 妃殿下がおいでになった茶室があります



また上野寛永寺型の灯篭があります
三葉葵の紋章が彫ってあります
これと同じものが水海道にもあります
どうゆういわれかわかりませんが凄いですね



  


Posted by ひがし at 23:42Comments(0)日々の仕事竹垣

2017年09月02日

伐採

どうも最近急ぎの書類が山積みでブログを書けません

ここ3日間は伐採
泰山木、トウカエデ、柿、リンゴ、その他諸々
いつも伐採は悲しいけど

これが現実ですね
木が好きな人ほど木を植えすぎてしまう
僅かな隙間を見つけると植えてしまう
それがいつの間にか大木になってしまい
切るしかない






  


Posted by ひがし at 22:58Comments(0)日々の仕事

2017年08月22日

地下埋設物

今日も竹垣の続き
ここの現場は穴を掘ると色々出て来る (笑)
今日は排水の塩ビ管
わけしがその上に鉄のパイプがあります・・・・って

ヤバッ
ガス管 ????
ここは都市ガスじゃないからと思いながらも
排水管と同時に埋めてる
ただの鉄管ではない

これは触っちゃ駄目
君子危うきに近寄らず
丸太を少し切れば済む事

竹垣は材料待ち状態
明後日に完成します


  


Posted by ひがし at 23:47Comments(0)日々の仕事竹垣

2017年08月22日

竹垣

もう少しで仕上がりです
もう一方の竹垣も続けて作る事になりました

竹は充分用意したつもりでしたが
1束足りません・・・・
なんで ????



ここはこの竹垣を作るだけですが
こうして作ると
竹垣は庭の主役ではないのが良くわかります
この竹垣に絡めて小庭を作りたいなと思います

ここは車が回る所なのでそれはかなわない話です
少しでも小さい物でもいいからって思います
  


Posted by ひがし at 00:00Comments(0)竹垣

2017年08月19日

御簾垣

昨日の一件はご主人がこっちでもいいよって一言で
比較的楽な所に支柱を立てられる事になりました

良かった
良かった

しかしここは取りあせず1スパンだけ作って
あとの3スパンは少し先に作る事になりました

もう一カ所にやはり御簾垣を作ります
こっちもアスファルトを少し壊しての施工です
当初はこっちの方が大変なはずでした 
まっ 見積もりの予定からは結構オーバーしてしまいすですが
しょうがありません・・・・・





あっ・・・・・・・・・・
ヤバ・・・・・・・・

縛り忘れてる所がある・・・・・
ここは月曜日にプロパンガスが設置される予定
だから今日仕上げてって言われていた所

なっ なんで
  


Posted by ひがし at 23:46Comments(0)日々の仕事竹垣

2017年08月18日

オ~~~~~~

ラッタタ
テラコッタ
ナンテコッタ~~~~

ジョイマンじゃねぇよ!!!
壊れたか????
壊れそう・・・・

今日は竹垣工事
当初の見積もりでは
柱を立てる場所
一か所だけ面倒な所があった

ところが・・・・・
始まるとそこが一番簡単だった 

その一番と思っていた柱を立てて
次を立てようとすると
ド真下・・・  100mmのパイプ
10cmしか穴を掘れない
まっ   補助の柱を立てればなんとかなる 
ん  よしよし

よし 次
土だと思っていたらその下にコンクリート
チョット割ればいい・・・

んんんんんんん
その下にU字溝・・・・・
その脇に立つ よし


U字溝 の脇にコンクリートでがっちり固めた石積み・・・・
石を割るしかないか・・・・・

そこから先は・・・・・
書けません・・・・ (笑)

壊れたい・・・・・・ (笑)







  


Posted by ひがし at 23:47Comments(0)日々の仕事竹垣

2017年08月13日

三和土って

三和土を2日連続で書いたけど
そもそも三和土って何? (笑)

先日何のドラマだったか忘れたけど
女優さんのセリフで”タタキ”とゆう言葉が出た
何の事無い タイル貼りの玄関の事
つくば市の住宅展示場の一つで ”三和土のある家”ってのがあって
実際に見に行くと そこのハウスメーカーの人に聞くと
「そんなの無いですよ。」って言う
だけどそこのモデルハウスの平面図には”三和土”って書いてある (笑)

家の中にある土間(玄関)
その土間をタタキと言う
そこが石貼りだろうとコンクリートだろうとタイル貼りだろうと タタキ

実際に私はタタキを他の業者がやるって情報が入ったり
ワークショップの情報が入ると行った
有名な人達だけでも
挟土さん 白石さん 横山さん 越智さん まだまだ行った
古民家の中を見られるチャンスがありば一番最初に土間が気になる

先日もワークショップの情報が入った
行ってみようと思い
そこの人に少しメールで聞いてみた
少し遠いので行く価値があるかどうか細かい所まで聞くと
なんか嫌がられてしまった (笑)
なわけで行くのは遠慮した
後日その時の模様がアップされた
私の常識的な三和土とは全く違う・・・・
行かなくて良かったと思う
余計な事を言ってしまって かなり嫌がられてしまっただろう

今日のこのブログはそのやり方の批判をするつもりは全く無い
著名な左官屋さんの三和土だって皆やり方が違う
ここまで違うのかと思うほど違う
先日のワークショップのその後を知りたい位だ

古民家の三和土では私の理想とする三和土があったけど
実際にワークショップや手伝いで行った現場では理想の三和土には出会えていない

そんな偉そうな事を言ってる私の現場では
今までで最高に良く出来た三和土は
一番初めの施工
と言うか勉強の為に自宅に作った三和土
余計な欲が無い
一心不乱に叩いた三和土
もっといい物を作りたい、そんな欲が出て
これ以上の三和土を未だに作れない

ちなみにその三和土は家の建て替えで解体した
どの位の強度があるのか、そこは業者にやらせないで
自分で壊してみた
大バールで突いても割れない・・・・
はっきり言ってびっくり
それの残骸をうちの片隅に積んである
もう何年もそのままなのに全く崩れてもいない
これを作れれば駐車場でも可能だと思う

下の写真は解体した時の写真です





  


Posted by ひがし at 22:38Comments(0)三和土ひとりごと

2017年08月12日

三和土の駐車場のその後

三和土つながりで今日も三和土の話

5月に施工した三和土駐車場のその後
今回は叩いていて違和感があった
割れる事は覚悟した・・・・
しかし何が良かったのか割れなかった

屋外の三和土は一番の注意点が水が浸みる事
本来三和土は水が浸みるのだけど
屋外では冬場に水が浸みると
凍って崩れてしまう

私が理想とする三和土は水が浸みる柔らかい三和土
だけど
それが屋外では許されない
あと三和土は固まるのとても時間がかかる
今回は長い間、中に車はもちろん人も入れなかった
それが良かったのか
まだいくつか改善点はあるのだけれども
そこそこ満足できる三和土が出来たと思う


  


Posted by ひがし at 22:24Comments(0)三和土ひとりごと

2017年08月11日

坂野家住宅の三和土

先日見学した常総市の坂野家住宅
お約束の三和土の話を少し

農家の家ですからまず広い土間
昔の土間 そのものって感じです



これが叩いてあるような無いような
わかりません・・・・

幸い他に見学者がいなかったので係りの人に聞いてみました
これって三和土ですか? って
係りの人は
そうです 土を石灰とにがりを混ぜて叩きましたって親切に教えてくれます
ただ他で見る三和土はもっと艶がありますよねと言います
おっ この方少しわかるね

色々話してみました
結論は出なかったのですが
水をたまにかけてあげるといいですよってアドバイスしてきました

私的な意見は
このへたくそな三和土は狙ったのか? 
それとも失敗したのか?
微妙な所です
まっ、狙ったとしておきましょう

庭に四阿があります
そこも三和土
種土は母屋の土間と少し違います
施工業者が違うのか設計が違うのか?



私は以前大手ゼネコンから三和土の相談を受けた事がありました
そこの設計も監督も三和土を知りません
そこは歴史的にも貴重な所でそこの古文書にそこで採れた土で三和土にしたと書いてあるそうです
そこの土は赤土で
これで三和土が出来るのかと思いました
その位です 大手ゼネコンでもわかりません
ここも設計にはf細かい指示はないと思います
業者の判断と思います

三和土は難しいです
  


2017年08月08日

黒竹で竹垣

世の中って不思議で
今年は黒竹の竹垣の当たり年です

今日は先日植木の剪定にお伺いした現場で
ここに竹垣が欲しいと依頼があったんですが
いかんせん真竹では時期のいい時に切った竹がある訳ないし
黒竹とかの高価な材料だと出来ますというと
それがいいって決まりました

全てを黒竹で作ります
当初御簾垣がいいと言われたのですが
寸法を測ると半端が沢山出来てしまう寸法です
というのも
竹は2mで切られています
なるべく無駄なく使える方法はと考え
鉄砲垣・・・・と言うより吹き矢垣 (笑)
とチョットアレンジした四ツ目垣にしました




  


Posted by ひがし at 23:05Comments(0)日々の仕事竹垣