2018年02月14日

プロとアマチュア

プロとアマチュアの差、違いって何だろう
昨年暮れに見積もりの依頼を頂いたお宅
今現在プラ垣と生垣が半々に作られています
その生垣を抜いてプラ垣に作り変えようとの依頼

はっきり言って今あるプラ垣はへたくそです
エクステリアでも技術の差は出ます
作るからにはそれより上手に作りたい
職人の意地です

そんな考えで見積もりを出したら
もう少し安く出来ませんかとの依頼
問屋に聞いたらメーカーを変えると安く出来ると言う
その安いメーカーに変えて見積もり
絞れるところを絞って12%安くする事が出来た
昨日電話があって
それよりまだ安くしろと言う
ならばと端数の9000円を引くと言うと
もっとだと言う
それより3万引けと言う
答えはノー、無理です
一体どれ程の利益が出ると思っているのか
他の業者を当たって下さい
私はプロです
その意地はあります

でもそんな事はプロの意地でも何でもない
ただそんなお宅の仕事がしたくないだけ (笑)



そして今夜は茨城県の技能士会の会長から電話があり
今年の講習会で石積みの講師をして欲しいとの依頼
私はその会の役員ではない
だいぶ前に役員の依頼はあったけど
私には無理ですとお断りしました
講習会の講師は普通役員や外部から招いている
石積はそこそこの自信はあるけど
プロ集団を前にして平の会員が講師を務めるのは荷が重い
と言うよりそんな自信はないが本音

そこがプロとアマチュアの差だと思う
アマチュアはギャラリーがいる前では緊張してしまう
プロはギャラリーが多ければ多いほど乗って来る
どうだって見せつける
絶対的な自信・・・・

そんな私はまだアマチュアだと思う・・・・


同じカテゴリー(ひとりごと)の記事画像
石
流行りの庭
石
粘土
灯篭の向き
前時代的な
同じカテゴリー(ひとりごと)の記事
  (2018-07-28 23:19)
 流行りの庭 (2018-07-22 00:11)
  (2018-07-18 23:00)
 粘土 (2018-07-14 22:43)
 灯篭の向き (2018-07-13 23:25)
 前時代的な (2018-07-11 23:38)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。