2017年11月09日

下請けって

嫌だね~~~~~~~~~~

夏に作った竹垣の木戸の修理の依頼
今日直してきました

竹が割れて釘が浮いてるって事で
竹の交換を要求されました

竹が割れるのは当たり前
当然拒否です
しかし下請けの立場上元請けに迷惑をかける訳にはいかない
細い黒竹で竹屋さんにも在庫がない
それを仕入れてバラで売ってくれなんて無茶な話です
かといって私も一束300本買って
それの6本使って
残りは使う見込みのない在庫

申し訳ないけど交換は出来ない旨を元請けに伝えると
施主に電話してくれとの事
こうゆう時だけ下請けが直
それ以外は私の提案なんて聞いてもらえないのに

所が施主(専務)に電話すると
そんなの聞いてないそうで
竹は交換しなくていい事になりました

そして今日修理に行くと
施主(社長)がいたのですが
全くそんな事は知らないそうで
設計と元請けからの話だったみたいです
竹が割れる事を設計も元請けも知らない・・・・・

その割れた竹がこれ





浮いた竹を銅線で縛り
経験上木の部分も曲がるし釘も浮く可能性がある
またこんな事で呼ばれないように
板は全てビスで止め
釘が浮かないようにボンドを塗って

片道45分
半日仕事です
こんな設計と元請けの仕事はもうしない
設計は庭を設計するならもっと勉強して欲しい
じゃなかったら庭を設計してはいけないと思う
プロの提案も聞くべきだと思う


同じカテゴリー(日々の仕事)の記事画像
木登り
植木の剪定
追加工事
矢中の庭の大掃除
デッキ完成
雨に負け、ビスに負け~~~~        ない
同じカテゴリー(日々の仕事)の記事
 木登り (2018-11-14 23:01)
 植木の剪定 (2018-11-10 22:50)
 追加工事 (2018-10-19 22:25)
 矢中の庭の大掃除 (2018-10-14 23:20)
 デッキ完成 (2018-10-13 22:26)
 雨に負け、ビスに負け~~~~        ない (2018-10-12 23:05)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。