2015年12月18日

もみじの剪定

私は基本的にもみじの剪定は切らないのが一番と思っています




しかし切らなくてはならない事も当然あります




今日の現場には門の所と生垣の内側に1本ずつあります

生垣の中のは私が管理するようになってから大きい枝は落としましたが

殆ど切ってません





門のもみじは大きさも余り大きくなく

ご主人が適当にいつも切っていました




それを私がいつも手直ししていました




それからご主人が亡くなり

私はその年は放置しました

そしたらそれを見た近所のおじさんが

私達の作業が終わった後に

「植木屋にお茶出さないのか?」って聞いたそうです

「えっ」って奥様が聞くと

「もみじ放置してったぞ、嫌がらせじゃないのか。」って言うそうです




翌年そう言われた私は これこれこうゆう訳なのでと説明したのですが

同じ事をその翌年も言われました

これ以上説明しても無理かなと思います

不本意ですが

ここ何年か小さくこじんまりと剪定しましてす








同じカテゴリー(日々の仕事)の記事画像
詠み人知らず
谷田部に過ぎたるもの三つあり
木登り
植木の剪定
追加工事
矢中の庭の大掃除
同じカテゴリー(日々の仕事)の記事
 詠み人知らず (2018-11-17 23:25)
 谷田部に過ぎたるもの三つあり (2018-11-16 23:05)
 木登り (2018-11-14 23:01)
 植木の剪定 (2018-11-10 22:50)
 追加工事 (2018-10-19 22:25)
 矢中の庭の大掃除 (2018-10-14 23:20)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。