PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2015年11月08日

「南部春邦展」と「たてもの文様帖ワークショップ作品展」

昨日は女房と二人で

筑波山麓秋祭りを楽しむつもりだったけど

仕事の都合で午前中は仕事になってしまった




グレース・マーヤジャズライブは予約しておいたので

宮清大蔵さんの目の前の矢中の杜におじゃましました

この時期限定の「南部春邦展」と「たてもの文様帖ワークショップ作品展」




南部春邦

決して有名な画家ではないけど

矢中の杜へ行った事のある人は鮮やかな板戸絵には驚くと思う

矢中龍次郎氏のお抱え絵師

若き才能を見出して世に送り出すのはこうゆう人がいないと簡単には出られないんですよね








地下室では たてもの文様帖ワークショップ作品展

これにはびっくり

こんな素敵な物とは思いませんでした



だけど

人間て不思議なもので

こうゆう絵とか色々見ていると

触りたくなっちゃんですよね

指先にも目があるんですよね

でも

これは絶対駄目

最低の行為ですね




矢中の杜の椅子に触らないで下さいって書いてある

グレース・マーヤのライブでも演奏中に目の前で写真を最初から最後まで撮ってる人がいる

最低限のマナーくらい知って欲しいですね







ちなみに一昨日まで庭造りをさせて頂いていたお宅のご主人は

矢中の杜が荒れる前の姿を知ってます

実際に使われていた方で

凄かったって話をたくさん聞かせて頂きました





  


Posted by ひがし at 15:18Comments(0)ひとりごと矢中の杜