2013年06月01日

着物女子

今日は私のブログではおなじみの矢中の杜へ行ってきました

それとゆうのもオーナーから池と滝を再生したいので見てほしいとの事でした



殆どザル状態・・・・

でもこの池に水が入ると魅力10倍





そして今日は2人の着物女史が見学にきてくれました

なんともこの館にはぴったり

お願いして写真を撮らせてもらいました









昭和へタイムスリップしたような

館と着物女史がぴったりはまりました

お互いの魅力が10倍アップです





今日はオーナーから色々逸話を聞かせていただいたり

玄関前の階段で

TさんやMさんNさんとしばらく話していたんですが

外玄関を見ているだけでも発見があります

ケヤキにかなり拘ったみたいで屋根の裏板も全てケヤキ

それもどこにも割れが全く無い



床下の通風孔に動物が入れないように板がはめられている

端財なんだろうけどそれまでケヤキが使われている



この館は見始めるとキリがないかもしれない  


Posted by ひがし at 23:51Comments(0)矢中の杜