2018年06月11日

北斗七星の庭

重森三玲の東福寺方丈の庭が有名ですね
あと 確か長野市の美術館の庭も北斗七星の庭だったか石組だったか あったと思います

土曜日の現場
アプローチ工事ですが
駐車場に御影の板石を使っているので
アプローチにも少し板石を使おうかと思い配置してみました

それが北斗七星の配置・・・・
とはちょっと違いますが
7とゆう数字は庭にはとてもいい数字で
石の配置では一つの基本ですね
7・5・3の石組
これを分けると
7は5・2それをまた分けると3・2・2や2・3・2、2・2・3
これってリズムでもあります
庭は音痴には作れないって持論 (笑)
そんな私は超音痴・・・・ (笑)

超音痴でも頑張れば庭を造れる・・・ って結論 (笑)
全く 何のこっちゃ・・・・ ですね (笑)



  


2018年06月10日

約一カ月前に見積もりの依頼を頂いた
元々見積もりが苦手で
その上体調が悪かったりでなかなか進まない

そしたら木曜日のそこの家の近くから見積もりの依頼の電話があった
私の家から約20キロの所
日曜日に下見に行く約束をする
それだったら先に依頼を頂いたお宅に見積もりを届ける絶好のタイミング

私のスイッチも入る
スイッチが入ると早い
チョット夜更かししたけど終わった

こうゆう事って不思議な位に多い
どこか見えない力とかを感じる


午後からは
北条の矢中の杜でヨガとミュージックセラピーとお茶会がある
前からヨガに興味はあった
ただ今まで何度かそうゆう会に参加するチャンスはあったのになぜか尻込みしていた

矢中御殿まるごとマーケットでお会いしたヨガの先生
今度参加しますよとは言ったものの
参加者は女性ばかりだし腰は重い
そんな時にそのヨガの先生がそっと背中を押してくれる
ありがたい事だ

短い時間ではあったけど
初心者にはちょうどいい
ここちよい筋肉痛
凄く気持ちいい

ミュージックセラピー
初めての体験だったけど
音楽って聴いても歌っても
癒される
音楽って凄い力があるんだなって思う

心も身体も癒されて
最期にお茶を頂く
矢中の杜のメンバーの一人チャイカさんの
こだわりの手作りのケーキとお茶







ここに集まる人達も不思議な縁で繋がっているような気がする
そうゆう繋がりって買うに買えない
ほんの偶然の繋がりと縁に感謝

  


Posted by ひがし at 22:59Comments(0)ひとりごと

2018年06月05日

仮設

広い農家のような家だと仮設とか材料の置き場とか
さほど気にしないで出来る所はいいですけど
(それだってある程度は考えるけど)

場所的に余裕のない現場ではとても大切な事です
駐車場を作りながら
夕方にはまた駐車スペースを作る
鉄板をあっちに動かし
こっちに動かし・・・・
やっと今日定位置が決まりました

こうゆう所がわりと行き当たりばったりなんですよね
もうちょっと考えないと駄目だね・・・・・ と思うが
いつも思っているんだよね (笑)


  


2018年06月01日

今日も緑摘み

この時期限定ですからね
なんか 今年は少し芽が硬い気がする
それにいつもは五月が一番のピークなのに
もう殆ど終わり
今年は季節が進むのが早い
暑くなるのも早いって・・・・・・・・・ 事か
ってか  もうすでに暑い



ちなみに今日の現場のは15,6年前かな
元々ここにあった石と木だけで改造した庭です
五月は少し入れたけど・・・

そしてこの庭をを観た人がこんな庭が欲しいって事で
今月工事に入る予定です


  


2018年05月31日

やっと現場復帰

風邪で1週間休んだなんて初めてかもしれない
やっと今日から現場へ復帰出来ました

昨日からっていえば昨日からなんですが
昨日は今施工中の現場の資材や材料集めや積み込み
色々やる事は多かったけど
現場とは緊張感が違いますね

ただ今日から現場復帰といっても
今日は松の緑摘み
この時期限定の作業だし
これ以上遅くはしたくないし
お客様にお断りして庭工事は中断させて頂きました



私がこんなになって仕事にならない時はわけし達はどうしてるの???
その間に松の緑摘みに行けばいいんじゃないのって思うでしょう

そこがワンマン会社の最大の弱点
うちのお客様の殆どの方は私が行かないと納得してくれません
昔の話ですが
かなり優秀なわけし2人でお伺いしたお宅で
奥様から電話がありました

「東郷さんが来なきゃ駄目だよ、どんな優秀な人でも駄目よ。
私は東郷さんにお願いしてるのよ、現場に来て座って指示するだけでもいいのよ。」・・・・って
とても光栄な事です
それからどんな小さな現場でも私は必ず行きます

大きい所だと社長、事務、営業、現場とそれぞれ分業していると思いますが
それだとどうしても話の行き違いとか多いみたいですね

うちのような零細企業は私が全てかもしれません
そしてそれが私の生きる道だと思います
  


2018年05月27日

チョットだけよ~~


サービスショット!!!!
先日シートと鉄板だけだったので
チョットだけね

こんな事考えてるからその日の晩から熱が出て
39度超え
参った
  


2018年05月23日

雨にも負け、風にも負け

?????
違うだろう・・・
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
じゃないのか・・・

植木屋って意気地なし・・・・なんです
雨が3粒降って今日は終わり・・・なんです
ここの現場は粘土質な土地なんで
濡らすとやばいんです
それだったら早めにシートを敷いて止めた方が賢いんです

今日だけか??? って突っ込まないで~~~


  


2018年05月14日

しょうざん

京都の旅の続きで今日はしょうざんを書きたいと思います
ここはうちの顧客に北山杉の庭を造りたいと言われた
それがしょうざんを観て衝撃を受けて造りたいとの事でした
ならば観なくてはいけない
と思い 探しましたが
観光地図や観光案内の本を見ても載っていない

ちょうどその頃インターネットを始めた頃で
検索すると
そこはボウリング場、結婚式場、食事・・・・ と、なんか庭とは関係ないような
北山杉の写真は載っていたのでここかと思い行ったのが
もう10年以上前の第一回京都オフ会
今回で2回目

ここも
凄い
凄い凄い

今回は和食の料理屋さんの前の庭は見られなかったのが残念だったけど
庭園で丁度北山台杉の剪定をしていた
少し話しかけると気さくに答えてくれる
いい話を沢山聞けた
ただ10年前の管理とは手が違うような気がする
ってか あれだけ広い場所
場所によって業者が違うのかもしれない

川を挟んでの対岸
なんか工事をしている
道路工事ではないような気がする
前に行った時は対岸がどうなっていたか忘れてしまったけど
鳥料理のお店へは行ったから対岸を歩いたはず
まだ少しずつ庭を増設しているのかもしれない

それに庭の拝観料が食事をした人は300円
広い京都の観光施設の中で一番の民間施設と思うの商業施設が一番安い
そこも素晴らしい







  


Posted by ひがし at 23:13Comments(0)庭の観て歩きひとりごと

2018年05月13日

不思議な手水鉢

この手水鉢は水面をこすると不思議な小さな音がします



動画はこちらをご覧ください
https://www.youtube.com/watch?v=83oJ9C0RhEw

  


Posted by ひがし at 17:24Comments(2)ひとりごと

2018年05月11日

白沙村荘

昨日のブログで桂離宮と足立美術館は一番好きな庭では無い・・・・って書いたけど
じゃ一番好きな庭は・・・・って話です

どこが一番、二番とは言えないけど
最高クラスに好きな庭が白沙村荘
日本画家の橋本関雪の家です



ここへ初めて行ったのが独立後の貧乏旅行
哲学の道を南禅寺方面から散策していて辿り着いた先
外から見て誰かの高級なお屋敷って感じにしか見えない

そしたら中を見られるみたい
おそるおそる入ってみる感じ  (笑)
拝観料を払う所もパッと見わからなかった

外は銀閣寺へ行く道
人通りはとても激しい
でも中は誰もいない
私一人
広間では芸子さんが踊りの稽古をしていた
縁側に腰かけていると
自分がここの主みたいな気になる (笑)

掃除をしているおじさんが話しかけて来る
美術館の受付にいるお姉さんも気さくに話してくれる
洋館のレストランもいい雰囲気
多分その当時は橋本関雪の子孫が実際に住んでいたと思う

その数年後友人と二人で来て
その後 二人のわけしと社員研修旅行
そして今回で 4回目
なんかもう一回一人で来たような気もするが・・・・

茶室の一つが直されていた
聞いたら火事で燃えてしまい新築したそうだ
新築された美術館のお姉さんが話してくれた
また その美術館の二回のテラスから東山の大文字が良く見える
この景色が橋本関雪が当初描いた庭だったそうだ
やはり美術館のお姉さんは気さくだ
そんなのもここの魅力だと思う



  


Posted by ひがし at 23:54Comments(0)庭の観て歩きひとりごと

2018年05月10日

桂離宮と足立美術館

昨夜、林先生の番組で足立美術館を取り上げていた
凄い
凄い
凄い
ここは数年前に長崎へ仕事に行った帰りに寄ってきた



方や桂離宮
10年位前の京都オフ会と
先日の旅で2回目



どちらも
凄い
凄い
凄いとしか言いようがない

The Journal of Japanese Gardeningで1位と2位
これに順番を付けようなんてナンセンスな話で
優越は付けられない
と言いながら自分も順番を付けるのが好き (笑)

私の感覚では桂離宮が1位
足立美術館が2位
ただこれは決して私の好きな庭の順番ではない
桁が違い過ぎて好きとか嫌いとかとても言えるレベルではない

一番の違いが歴史の差
方や江戸時代初期と方や昭和中期
庭は造る事も大変な事だけど
そこを維持管理する事はもっと大変で大事な事
その歴史、時代の重さ
これは計れない重さ
やはり歴史は重い

次に公と民
税金で作ったのと自分の稼ぎを全て注いだ差
これは圧倒的に民の勝ち

・・・・・・
こんな事を言ってる自分がなんとも情けなくなってきた
そんな細かい事を突っつきだす自分が余りにも小さい (笑)
やめた

優越を付ける話ではないが
おもてなしの心
足立美術館のおもてなしの心は完璧とも言える管理
凄い

桂離宮のおもてなし・・・・
なんだろう???

桂離宮と限る事ではないけど
日本のおもてなしの心
庭園のおもてなし
料亭やお茶会のおもてなしかもしれないが
綺麗に掃除して打ち水をして
そこに落ち葉を少し散らす
余計な気を遣わずに入って欲しい
自然体で迎える
何とも例えようのない日本の心
素晴らしいと思う

もう優越を付けるのはやめよう・・・・ (笑)
  


Posted by ひがし at 22:10Comments(0)庭の観て歩きひとりごと

2018年05月10日

友、遠方よりきたる

今日は雨で休みでのんびりしていたら
メッセンジャーが入る
京都の植木屋さんの親方から
親方は 先日から茨城の日立に仕事に来ていた

「今日はお仕事ですか?」 って
「今日は休みです」 と返事すると
現場が今日終わるので帰りに寄らせて下さい って
もちろん大歓迎です

庭の話とか造園関係の色々な話
話が弾んで弾んで
あっという間に何時間が過ぎたろうか
穏やかな彼の話は深みがあって楽しい
また会おうって約束して
親方は明日は東京で椿山荘の仕事だそうだ
思わず いいな~~~~~~

親方から頂いた水戸のカステラ
美味しかった



話は変わって
昔うちにいた若者が今、京都で仕事してる
色々やらかした彼
大丈夫かなって時々思う事がある
すると不思議な事にそんな時に
超たまに電話がある
先日私が京都へ行った時に電話してみたけど
「この電話は現在使われていません」 てアナウンスが流れる
どうしたのかな・・・・ ってチョット心配

そしたら京都から帰ってきた翌日に彼から電話があった
「親方、京都にいるんですか?」 って
私のブログを見てもしかしたらまだ京都にいるかと思って電話してくれたみたいだった
懐かしくて最初は話が弾むんだけど
いつも私はイライラしてくる
「京都はいいですよ、凄いですよ。」 って彼が何遍も言う
少しお酒が入ってる
「そんなわかってら、」 
「酔っぱらいと話すのは嫌いだもう切るぞ。」 って私
まっ いつものパターン

今回は怒った大きな理由は別にあった
それは言わない
彼が自分でわかる時が来て欲しい
  


Posted by ひがし at 11:56Comments(0)ひとりごと

2018年05月09日

修学院離宮

日は雨で休み
京都の続きを書こうと思います
今日取り上げるのは修学院離宮

第二回の京都オフ会に続いて2回目です
素晴らしいですね
何も文句のつけようがありません
凄いです





しかし、今日も苦言になってしまうのです
庭や建物に何も言う事はありません

今回は案内の人が酷い
まず最初に待合所に今日案内してくれる方が来た
何処でも注意事項やわりと固い話から始まるのに
笑いをとるような話
ベテランで今日は面白そうだなって期待した

私はどこでも案内の人の話が聞けるように前の方にいる
要所、要所で解説をしてくれるのだが
庭は建物の話は無い
裏話ばっか
話としては面白い
笑いはとってる
大事な所では解説してくれるのだろうと思いながらついて行くが
全く無い・・・・ って位説明や解説は無い
どこへ行っても裏話ばっかり
しまいには何の関係もない話、宮内庁の話まで出て来る

誰もそんな事を聞くために来てるわけじゃない
きちんと説明してくれて
そこに裏話的に話してくれればそれこそ最高の解説だろう
多分 ここへ何度も訪れる人は少ないと思う
遠方から来る殆どの人が最初で最後だと思う
馬鹿にしてるとしか思えない


そして おまけ



  


Posted by ひがし at 23:24Comments(0)庭の観て歩きひとりごと

2018年05月08日

祇王寺

次に取り上げたいのが祇王寺
私の大好きな庭です

ここは独立後の貧乏旅行が初めてで
次が友人と二人で
次が京都で開催したオフ会
そして今回

とにかく初めて観た時が衝撃的で忘れられない
嵯峨野の山中に簡単な竹垣で囲った庭・・・・
庭って造る必要なんてないんだ
造らない庭の良さ
決して造ってないわけではないとは思うが
造り込まないって感じでしょうか

モミジと苔
それだけ
それだけで感動させる庭







2枚目の写真の感じが最初にこの庭と出会った時のイメージです

それが前回の時にヒサカキの実生が大きくなっていたのが気になった
今回そのヒサカキがもっと大きくなっていた
庭は自然だし
私はそうゆう庭が好きだ
ヒサカキは実生で小さい時は
とてもいい雰囲気

20年以上前だけど茨城の技能士会のその当時の会長は庭にそんなヒサカキの実生の小さいのをわざわざ植えていた
その後それをどうするのかは知らないけど

その小さい時に抜けば簡単に抜けるけど
チョット大きくなると
簡単には抜けない
それが庭の雰囲気を逆に壊してしまう

シダもとってもいいけど
多くなるとやはり良くない

大好きな庭だから苦言が多くなっていますけど
もう一つ
静かな庭に水琴窟の音が響いている
おや 水琴窟を作ったのかと探すと
あった
市販の電気仕掛けの水琴窟・・・・
なんで ?????????????
としか言いようがない
  


Posted by ひがし at 23:36Comments(0)庭の観て歩きひとりごと

2018年05月07日

竜安寺

先日の奈良・京都旅行で個別に書いておきたい所をいくつか取り上げたいと思います
まず今回の旅で一番気になった竜安寺から

私は芸術と呼べる庭の筆頭と思う竜安寺
今回で何回目だろうか
まず高校の修学旅行
次が独立後の貧乏旅行
次が京都の大学へ行っていた友人と
次がわけし達と行った旅
そして今回

いつも違う顔を見せてくれる
前回行ってからもう十数年経ってると思う
今回はなぜか砂紋が少し前と違うような気がした
なんかスマートになったような・・・・
でも多分変わっていない
変わったのは自分かもしれない
これを超えられる庭は無い
室町時代からずっとこのまま
これからもこのまま
凄いな



前に来た時には版築を知らなかった
今回の旅の目的は版築でもある
ここの壁を今回は良く見てきた
素晴らしい時代の乗った版築
自分のやってる版築の薄っぺらい事・・・・
目指す版築の姿はここにあると思うが
そんなに簡単に出来る物ではない



そして今回一番書きたかった事が竹垣
なんとプラ垣
もう最悪
前に来た時に丁度ここに建仁寺垣を施工していた
それが壊れてこれを作ったのか
いや間に1回作っていると思う
6,7年に1回は直していると思う
当然その度にお金はかかる
当たり前だ
それをケチったとしか思えない
全く誰がどんな考えでこんなのを施工したのか
酷い
酷い
余りにも酷すぎる

私はプラ垣を否定しない
ケースバイケースでは天然の竹よりいいと思う事もある
でもここでやっちゃっ駄目でしょう
早く気が付いて欲しい
早く撤去して欲しい





この四ツ目垣は支柱と胴縁と縄が人工
天然の竹の選択も酷い
基本も何も無い
2級技能士 いや3級技能士だって落ちる

私は基本通りに教科書のような四ツ目垣嫌いだけど
これは基本も何も知らない人の施工としか思えない
余りにも酷すぎる

こんな事を平気で出来る人達が
まさか石庭をいじるなんて事はないよね
まさかとは思うけど怖い

  


Posted by ひがし at 23:39Comments(0)庭の観て歩きひとりごと

2018年04月25日

京都続き

遅くなってしまいましたが
京都の旅の続き
これは忘れない為なので詳細は書きません
後日好きな所だけでも 書こうと思います・・・ 
(無理だろぅって突っ込まないで(笑))

3日目
仙洞御所 2回目 素晴らしい 別格

白沙村荘 4回目か5回目  私の好きな庭トップ3の一角

銀閣寺 2回目 定番、園路を随分改造しました

建仁寺 2回目 殆どのお寺で建物の中の写真撮影は禁止なのにここは何も言わない 許可なのだろうか?

正伝永源院 初めて 特別公開中 まぁまぁ

圓徳院 初めて 夜のライトアップ 昼間見てみたい


4日目
圓光寺 初めて 想像以上でびっくり とても良かった

修学院離宮 2回目 素晴らしい 別格

しょうざん 2回目 ここは凄い 北山杉の剪定をしていた色々話を聞けて良かった

光悦寺 2回目 光悦寺垣の本歌

源光庵 初めて?? 2回目?? その程度

竜安寺 5回目? いつみても最高の芸術 庭の中と駐車場への道がプラ垣 これは絶対アウト


5日目
桂離宮 2回目 ここは全てにおいて別格

松尾大社 初めて 重森三玲の庭 五月と笹の管理は難しい

大河内山荘 3回目 木が多くてうっとしいイメージだったけど少し良くなったかも

祇王寺 5回目 私の好きな庭トップ3だったけど 前回にヒサカキでドン引き 今回はシダと安っぽい市販の水琴窟にドン引き 

檀林寺 初めて 祇王寺の前だったから入っただけ

天龍寺 4回目 借景の教科書 定番素晴らしい 池の向こう側も入れるようになった

宝厳院 2回目 春の特別公開 好きな庭の一つです お勧めです


6日目
等持院 高校の修学旅行以来2回目 その時に植木屋になりたいと思った庭 建物の修理中でちと残念

醍醐寺 2回目 一番奥の庭はとてもいいです でもそこまで行く人は殆どいない

醍醐寺三宝院 2回目 とてもいいんだけど奥は別料金 そこも見ると全部で1人2,000円 ふざけてる


  


Posted by ひがし at 23:15Comments(0)庭の観て歩きひとりごと

2018年04月18日

京都

昨日,、午後から京都に来てます
一つ一つの感想は後日にアップしようと思いますが
今日は簡単な足跡だけ辿ってみます

昨日午後
宇治 平等院
高校の修学旅行以来2回目
その時は暗い雰囲気だった気がしたけど
花のせいもあるのか、なんかとっても華やか



次は三室戸寺
前にうちで配っていたカレンダーで見て
とっても気になっていました
初めてきました
とっても規模が大きいけど
山の斜面とかうまく使っていますね
これから アジサイと五月が咲くと見事でしょうね



そして今日は
まず仙洞御所
約10年ぶり、2回目
短いコメント出来ません
素晴らしいですね



次に白沙村荘
私の好きな庭トップ3の一角です
何回目だろうか
京都へ来る度に来てる
いいな、素晴らしい
茶室が新しくなっていた
リフォームかと思ったら火事で燃えてしまったそうです
美術館は新しくなってました
そこの2階から東山の大文字が目の前に見える
その景色を橋本関雪は初めから造りたかったそうです



次に銀閣寺
約15年ぶり2回目
私は人が多くて余り行きたくなかったけど
定番ですね
苔の管理とか
素晴らしいです
やっぱ定番には定番の理由があるんですね



次が建仁寺
ここは約35年ぶり 2回目
賑わってますね
前に来た時はなんかこんなに賑わっていなかったと思うけど
着物を来た若い女性が凄く多い
着物レンタル屋さん メッチャ多いですね



次が建仁寺の境外塔頭 正伝永源院
丁度特別公開中だったので
勇んで行きましたが・・・・



  


Posted by ひがし at 23:16Comments(0)庭の観て歩きひとりごと

2018年04月17日

法隆寺の版築

今回の旅の一番の目的が
法隆寺の版築
これを見て盗めるところは盗め

今日は他にも見たけど
それは後に回して
忘れない為に、自分の記憶の為に
今日は版築の話だけ

凄い
素晴らしい
とにかく塀が全て版築土塀
一見同じようだけで微妙に違う
作成の年代とかで違うのかと思う

今回は解体して作り直している所もあった
実際には見れないけど
パネルで展示していた
それをみていたら
数年前に私とボランティアで補修したつくば市小田の土塀
それと同じじゃん



小田の土塀のベースはどんなふうに作ったのか自分的には謎だった
版築だったんだ~~~
小田の土塀の制作された時期はいつだったか???
明治?? 大正?? 昭和初期??
その頃に茨城に版築土塀があったんだって
改めてびっくり

法隆寺の版築に話を戻すと
仕上げの方法
まず版築の型枠のまま残してある物
これは枠板を木目の出たかなりの大木の板で止めた物
型枠を外してそのまま
仕上げはしてないと思う
このタイプが一番新しいかも



次に崩れているものを見ると
躯体が瓦や礫が入った物と入ってない物がある



躯体の上にスサの入った壁土で上塗りした物と
スサの入っていない物もある



あと塔頭の中宮寺にはさらにその上に漆喰が塗ってあった



こんな凄いのを目の当たりにすると
自分の作った版築の小細工・・・・
あれのいやらしさ・・・・

ただこの法隆寺のを真似てもまた普通の民家に合うかと言えば
そうも言えない

まだまだ まだまだ これからです!!!!!

  


Posted by ひがし at 21:56Comments(0)庭の観て歩きひとりごと版築

2018年04月13日

名札の付いたごみ

うちの植木畑に家庭ごみを捨てる人がいる
もう何年も前からたまに捨てる

初めて捨てられた頃に防犯カメラをつけた
電池で動き夜の暗い所でも撮れる優れもの
値段も結構良かった

見事にそのカメラでごみを捨てる動画まで撮れた
そこに写っていたのは・・・・
予想通りの畑の傍のおばさん

抗議したいけど
そのおばさんには逆切れされるのは間違いない
そうこうしてるうちにごみを捨てなくなった
カメラは夜間撮影する時に赤く光る
多分カメラの存在に気が付いたのかと思う

そしてまたいつのまにかカメラを付けられない所に捨てだした
しょうがないからうちで片付けていた

そして今日行ったらまたごみが捨ててあった
それには名札が付いていた
そのおばさん宛の郵便物の袋に入れて捨ててあった
自分で名乗っちゃった (笑)

ごみ捨てられた当初はごみの袋の中にそんな名前のわかる物はないかと探したが
全く無かった
随分馬鹿にされたものだ
やりたくないけど やるしかないかな
逆切れされるんだろうな・・・

「東造園は私がごみを捨ててるっていいがかりつけるのよ。」
ってあっちこっちで言いふらすんだろうな

そのおばさんの近所に引っ越してきた人が言ってた
「最初はとってもいいおばさんだと思っていた。」
「だけど酷いよ、布団を干すと必ず火を燃やすのよ。」って
その隣の奥さんは
「子供がボールを間違ってそのうちに入れちゃうと 絶対にみつからない。」って
全く笑い話
でも本当
近所では誰も知ってるんだけどね
本物のいじわるばぁさんだって

そのいじわるばぁさんの今の狙いはお寺を乗っ取る事
詳しい事は書けないし
誰も信じないだろうけど 本当だよ (笑)



  


Posted by ひがし at 22:58Comments(0)ひとりごと

2018年04月10日

〆のラーメン

さっき超久しぶりに〆のラーメンを食べた
ラーメンて言ってもカップ麺だけど・・・・

〆のラーメンなんて何年振りだろう
そもそも下戸の私が〆のラーメンて変だろう・・・・

それが それが
果物の実で酔っ払ってしまいました・・・

実は去年の夏
初めて山桃酒を作ってみました
それを今日初めて試飲?????  試食????
酒は飲めないから 実を食べてみた
なんか美味しくて
何個も食べてしまった

そしたら酔っちゃいました・・・・
梅酒の実も好きだけど
山桃酒の実もうまい
癖になりそう

でも
少し酔いが醒めてきたらお腹がすいた~~~~
で ラーメンいっちゃいました





  


Posted by ひがし at 23:47Comments(0)ひとりごと