2021年02月24日

プラ垣

二尊院垣と御簾垣、完成しました
どちらもプラ垣です





プラ垣を否定する人は多いです
私は全く否定しません
垣根の選択肢の一つだと思っています
生垣、自然素材の竹垣、プラ垣・・・・
それぞれいい所も悪い所もある
どれが一番の答えは無いと思う
私はそれぞれの現場でベストと思う物を提案はするけど
最後は施主それぞれの好みと価格
今日の現場はそれが全て一致した



私は以前このブログで竜安寺のプラ垣を完全否定した
でも個人邸のプラ垣は全く否定しない
世界遺産とは違うと思っている

過去に設計士さんとデザイナーさんにはプラ垣を完全否定された
どちらも竹垣の施工時期としては最悪な時期だったので
今作ると朽ちるが早いからとプラ垣を提案しました
設計士さんの現場では隣の家との境界の垣根だったので
ある程度の高さも必要かと思いましたが
話は聞いてくれたけど
私に出された設計士さんの図面はコンクリートの土留めの高さの四ツ目垣・・・・
この設計士さんの現場を何件か見たけど全て四ツ目垣
どんな所でも四ツ目垣、他の選択肢はないのだろうかと思う
いくら説明しても設計士さんには届かなかった
結局、四ツ目垣を施工しました

デザイナーさんには施主の目の前で罵られた
プラ垣をいいなんて思う人がいるんだ~~~~~、植木屋として恥ずかしくないの って
この人に何か言っても無理だと思った
デザイナーとしてもこだわりはあると思う
ただ考えているのは仕上がった時点での出来・・・
後の事は考えていない
それがデザイナーなんだと思う
仕上がった時がベストの状態なんだろう
夏に普通の規格の1.5倍の高さで両表の建仁寺垣を要求された
さすがにそれは無茶でしょうと私も言うしかない
時期は悪いし重いし
余程しっかりした支柱を使わないと倒れますよって
結局 黒竹の御簾垣に決まった
軽いし風も通すから

実は私もプラ垣は余り好きではない
なので私はプラ垣をプラ垣に見えないように工夫している
私の好みは日々進化しているつもりだ
  


Posted by ひがし at 23:30Comments(0)ひとりごと竹垣プラ垣

2021年02月22日

追加の御簾垣

今日は御簾垣の追加分
今回2間、先日1間
一昨年作ったのが4間
合計7間

奥様が
この先も追加したいような話です
そうするとまた倍位になります
この垣根は何の問題も無く追加出来るので
慌てて追加する必要はありません
少しずつ追加していくのもいいかもしれません

しかし今日は4月下旬の陽気だったそうで暑い位でした
垣根を作っている場所はずっと日陰
なんかラッキー


  


Posted by ひがし at 23:03Comments(0)竹垣プラ垣

2021年02月16日

二尊院垣

京都 嵯峨野の二尊院
そこが本歌の竹垣 二尊院垣

これを初めて見たのは
実はテレビドラマ
場所は京都ではなかった
どこかの個人邸で主役が話をしている
その後ろにあった竹垣
わずかな時間だったけど
あのこに初めて会った時のような
一目惚れでした(爆笑)

その時は名前も知らず
わずかな時間で見た記憶だけで
絵に描いてみた

それから
四ツ目垣や金閣寺垣を作るような所にはこの垣根を作った
色々なバリエーションも出来てとても面白い垣根だと思っている

その後
友人と京都へ行った時に一日かけてゆっくりと嵯峨野を散策をした
その時行った二尊院
そこで出会うとは思ってもいなかった
すっごく嬉しかった

それまではお客さんに『金閣寺垣のくずし』なんて言ってたのを
はっきり『二尊院垣』って言えるようになった
私の作ったその垣根が竹垣メーカーのカタログに載った
思い込みかも知れないが
その後メーカーのカタログに二尊院垣の出来合いが載るようになったって自負している(笑)

今回は6,7年前に造った竹の二尊院垣をプラ垣に替えた
支柱は何ともなかったのでそのまま使った
支柱を立て替えないしプラ垣だから簡単に仕上がるつもりで見積ってしまった
高さ、幅の違う物を11組作る・・・
とんでもない見積もりミスになってしまった・・・
まっ いつもの事
見積もりでは今日で終わる予定だったけど
あと4スパン
御簾垣の追加を頂けたので
残りは その御簾垣の材料が揃ってから


  


Posted by ひがし at 23:17Comments(0)ひとりごと竹垣

2021年02月13日

御簾垣と二尊院垣

なかなか更新出来ず 超久々の更新です
庭の手入れの現場が続いていましたが
一昨年作った御簾垣を一間追加して
竹で作っていた二尊院垣をプラ垣に替えています
支柱はまだしっかりしていたのでそのまま使います

ここの二尊院垣は高さと幅が全て違います
庭自体奥行きはありますが幅は狭いです
他社が造った庭ですが
割とのっぺらしています
そこに変化をつけたいと思いそうしました
毎度の事ながら予定より手間がかかりそうです




  


Posted by ひがし at 22:57Comments(0)竹垣

2021年02月07日

矢中の杜の表門

矢中の杜・・・

つくば市北条にある戦前、戦中、戦後に造られたお屋敷と庭園
つくば市にあってはとても魅力的な所です
だんだん知名度もあがってはいますが
まだまだ知られていません

北条を散策する人も多いのですが
道路から見ると無機質なブロック塀とステンレスの門扉
そして奥に林が見える・・・
そんな感じです

なので表門を何とか出来ないかと何年も前から検討してきました
それが具体的に動き出しました
今日はそれの打ち合わせ
私のプランの説明をして
メンバーでああだ こうだと話がプランが盛り上がります
おもしろい事になってきました
とっても楽しみです


  


Posted by ひがし at 22:48Comments(0)矢中の杜

2021年01月26日

生垣の竹交換

今日は山茶花の生垣の竹交換
生垣が出来上がっていれば竹を外せばいいのですが
まだ生垣として出来上がっていません

前に施工したのは竹細工をしている人です
植木屋さんではないので施工方法は私達植木屋とは違います
支柱はタナリス注入丸太なので交換する必要はありません
まだ大丈夫と下見の時は判断しました

ただ支柱が親柱と間柱の区別がなく
一列に同じ高さに並んでいます
親柱を動かして間柱を少し下げようかとも思いましたが
山茶花が植わっている場所を考えると親柱を動かすと山茶花まで移植しなくてはなりません
間柱をかけやで叩くと折れる可能性もあります
なので支柱はそのままにしました

昔の自分だったら
絶対に直していると思います
今の自分はそんな事は全然気にしません
そんな事に拘っているのは自分だけ
ただの独りよがりだって思えるようになりました
成長したのか劣化したのか・・・(笑)

胴縁は元々四胴縁でしたが
模様をとりたくて三胴縁にして
立子も本来は間柱の高さまでにすべきですが
竹の一束の本数を考えるとその高さに出来ません
二束用意すると殆ど使わずに残ってしまいます
経済的にもよろしくありません
なので間柱から少し下げた所にしました
ならば本来その高さに合わせて間柱を切るべきですが 切りません
注入丸太ですが
芯まで薬剤が注入されてはいません
表面から5mmくらいまでです
なので切ると丸太が腐りやすくなります
結果竹はぴったり殆どごみなし



考える所はたくさんありますが
少し頭を柔らかくして融通を利かせればそれでいいと思います
それでも龍安寺の四ツ目垣よりはるかにいい出来です
下の写真は三年前に京都旅行の時の龍安寺の四ツ目垣です
こんなひどいのが世界遺産に作ってあるんです
恥ずかしいです
別の所にはプラ垣の建仁寺垣が作られています
酷いです 最悪です


  


Posted by ひがし at 23:17Comments(0)生け垣ひとりごと竹垣

2021年01月20日

竹林伐採の五年後

五年前に竹林を伐採した現場
直ぐに何かに使う予定が無いとの事でしたので
伐採した竹は運び出さずに現場に放置しておいて
五年後に埋める約束をしていました



五年では厳しいかと思ったけど
想像以上に朽ちていて
穴を掘って埋めています





ごみを運び出さなければ2/3値で出来る
竹を引き受けてくれる処理場が筑波下にしかなくて
ここから片道35キロ
一日に何台行けるか
ってか 行きたくない
竹は枝を全て切り落とさないと車につけられないし
えらい手間がかかる
施主にとっても私共にとってもいい選択だったと思う
  


Posted by ひがし at 22:55Comments(0)日々の仕事伐採

2021年01月12日

薪あげます

なかなかブログの更新が出来ませんでしたが
ブログネタが溜まって
今日はブログ日って事で3件目の投稿です

伐採等で出た樹木の幹や枝をあげます
樹種は色々
長さ1~1.5m位のものが多いです
太さは5~30cm位です
置き場で短く切っていっても大丈夫ですし
そのまま持ち帰っても
どちらでもお好きにしてください

1月16日(土曜日)と17日(日曜日)限定です

場所は茨城県つくば市谷田部です
ご希望の方は azumazouen@yahoo.co.jp までメール下さい


  


Posted by ひがし at 15:48Comments(0)お知らせ

2021年01月12日

あさイチ

今朝は冷たい雨
雪じゃなくてよかったけど
仕事は休み

8時から朝ドラ「おちょやん」を見る
いつもは録画して見ているけど 今日は生で・・・
この「おちょやん」が面白い とってもいい
朝ドラファンの自分の中でのランキングは「あまちゃん」がずば抜けているけど
次のランキング「ひよっこ」「なつぞら」と並ぶかそれ以上と思う


本題はその後のあさイチ (何なの朝ドラのフリは、面倒くせぇ男(笑)) 
今日は「夢の3シェフの競演」
野暮用があって少ししか見られなかったんだけど
日本料理の中嶋貞治さんがとっても素敵な方で
達人と比べて言うのもおこがましい話ですが
自分に足りないのってこれなのかな~~~ って思いました

余裕・・・
余裕って言い方もしっくり来ないけど
何て言っていいのかわからない うまく言えないけど
それが自分には足りない
いっぱい いっぱい
いつもいっぱい いっぱいで生きている
もっと力を抜いていけたらいいね

もっと力を抜こう
  


Posted by ひがし at 13:10Comments(0)ひとりごと

2021年01月12日

旧長島邸の土塀

昨日ネタですが
昨日の現場がつくば市小田
少し早めに終わったので近くの旧長島邸の土塀を見てきました

もう7,8年前になるかと思いますが
壊されそうになった土塀を小田の華の幹の皆さんと修復した現場です
その後凍害で割れて崩れたりしています
それを華の幹の皆さんが上塗りしてくれました



ここの華の幹とは
私の家の解体前にたまたま
ネットでガラス戸や建具が欲しいとの書き込みを見たのが始まりでした
不思議なご縁です

その華の幹のメンバーの皆さんの実行力が素晴らしい
えっ??? そんなの素人で無理でしょうって事を平然とやってしまう
それも私より年上の方がたくさんいらっしゃる
私もまだまだ頑張らないと・・・

この土塀があるのは旧長島邸の跡地をつくば市に寄付され
それを市営駐車場にした所です
この市営駐車場がほぼ満車、びっくりです
近くの宝篋山の登山客の駐車場に使われています
この宝篋山は私が知る限り昔は殆ど知られていなかったと思います
それが地元の人たちが登山道を整備し山桜を植え
今では春には山がピンクに染まります
素晴らしいです
  


Posted by ひがし at 11:55Comments(0)ひとりごと土塀

2021年01月01日

オードリーヘップバーン

今年は新年早々運がいいかも
オードリーヘップバーンの「ティファニーで朝食を」観られた
今観るとまさしくクラシック・・・
何の捻りも無い・・・
教科書通りのラブストーリー
なのになんて素敵な映画なんだろう
なんてヘップバーンって素敵なんだろう
彼女の歌うムーンリバーをパラマウントの社長はカットしろと言ったそうだ
それをカットしないでってオードリーヘップバーン自身が懇願したそうだ
あの歌声を聴いていると涙が流れそう

私が映画雑誌「スクリーン」を買い始めたのが中3の時1972年
もうその時は映画界から引退状態だったけど
年1回の人気投票では不動の1位だった
その後自分が投票したジャクリーンビセットが1位になるまで続いた
ジャクリーンビセットに投票はしていたけど
オードリーヘップバーンは別格だった
永遠のヘップバーン
  


Posted by ひがし at 23:00Comments(0)ひとりごと

2021年01月01日

年の初めに思う事

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨日と今日で何が変わる訳ではないけれど
人の気持ちって不思議で昨日と今日は違う

普段は神仏に掌を合わせる事はなんて殆どないのに
仏壇に線香をあげ掌を合わせた
神棚と氏神様にもお参りした







初めて神様にお願いした日の事を今でも鮮明に覚えている
幼稚園年少の時だった
稲垣って友達と空を飛びたい話をしていた
そして近くの神社へ行って神様にお願いしようとゆう事にになった
友達を待っていたけど彼は来なかった
一人で米粒を持ってお参りした
直ぐにスーパーマンのように助走してジャンプしてみた
?・・・・???・・・
飛べない・・・・
神様にお願いしても飛べないんだ・・・・って
初めてのお参りで神様の力の無さを知った

数年前に長崎のお寺へ水琴窟を造りに行って
長崎のお墓の立派な事と 檀家の熱心さに驚いた
その時思ったことが
海岸から直ぐに山で 耕地が少ない
雨も多い
台風等の天災も多い
そんな時人はご先祖様や神様に掌を合わせてお願いするのだろう
自分の力ではどうにもならない事
それを見えない力にお願いする

長野県松代藩象山神社のすぐそばに仕事に行った時も驚いた
植栽するのにお客様が土を買っておいてくれた
それは砂利交じりのひどい土
茨城では残土、最低の残土の分類されるくらいの土だ
長野が教育県だという事が理解できた
この地だから佐久間象山が生まれたって思った
ここでは耕地を造る事さへ大変な事だ

私の住む茨城県つくば市は関東平野のど真ん中
平らで景色は悪いが耕作地は多い
たいした天災も無い
恵まれている地だと思う
ご先祖や神様の力を借りなくても
食べ物に不自由する心配はない

そんな私でも掌を合わせた
早く普通に戻りたい
私用での外出や外食は殆どしなくなった
普通のありがたさを知った
普通が一番
今を我慢すれが間違いなく普通に戻れると思う
  


Posted by ひがし at 13:08Comments(0)ひとりごと

2020年12月31日

年の終わりに思う事

なんでだか今日 急に頭の中に「四十にして惑わず」とゆう孔子の言葉がよぎった
じゃ六十になったらって思い調べてみた
六十にして耳順う・・・
六十になって人の言葉に耳を傾ける事が出来るようになり 
とゆう事だろうか
素直な心になれるって事なのか・・・

ちなみに五十は
五十にして天命を知る

天から与えられた使命を知ってから素直な心になれる

七十は
七十にして心の欲する所に従えども矩を踰えず
七十になってやっと人の道を外れずに生きていける・・・




自分を別の自分が俯瞰撮影しているかのようにみられるのだろう

自分にその心境になれと言っても絶対に無理

でも
少しでも近づけたら・・・ と思う


それにしても
寒い朝だった
六十にして寒さが一段と身に染みる・・・ (笑)


  


Posted by ひがし at 18:00Comments(0)ひとりごと

2020年12月30日

庭の管理

久々の投稿です
今日が雨の天気予報って事もあり
昨日で仕事納めしました

自宅の赤松の手入れをしました
結構大きい木ですが2時間位で楽に終わります・・・・
ってか
殆ど手抜きです (笑)
細かい事はしません
昔の自分には絶対に考えれれない剪定です
古葉が1本残る事さへ許せなかった
その残った1本が見えた
今の自分はそんな事は全く気にしません
見えません (笑)



庭は造るより維持する事の方がはるかに大変です
維持するためには余り手をかけない かけ過ぎない
手抜き出来る事は手を抜く (笑)

しかし そんな事を思う植木屋は少ないかもしれません
そんな私の剪定を見て
手抜き、ヘタクソと思う人もいるでしょう
そのへんは 私にとってもジレンマです
時々とても迷う事もあります
お客様によっても剪定の方法も変えてます
私の考えをごり押しするつもりもありません

不定期に私に剪定の依頼を頂くお客様がいます
今年も10月頃に依頼を受けたのですが
年内は無理ですとお答えしました
先日 そのお宅の前を通ったら
どこかの植木屋さんがとても綺麗に手入れしてありました
とても大きな古いマキノキがあります
古い木なのであまり暴れる事はないので
私はその木を殆ど手入れしません
徒長枝を切るだけです
しかし 今回の手入れは私のやり方を真っ向から否定するような
かなり強い刈り込みで とても綺麗に整った木になりました
どっちがいいとも言えません
考え方ひとつです
植木屋って面白い職業で
植木屋次第で全く違う物になります
まだまだ答えは出ません
  


Posted by ひがし at 17:28Comments(0)手入れ・管理ひとりごと

2020年12月14日

新人君紹介

先週から来てくれています
日野君です
平成17年生まれの15歳
生まれてから歩いた距離が17万キロ
なかなかのつわものです



とりあえず祈禱しないと乗り出せない性格なので
昨日板橋不動尊に祈禱に行ってきました



これで安心して乗り出せる

思ったら
デフからのオイル漏れ発見
滲みレベルでなく漏れ
中古車だからこのくらいしょうがないのかなと思いながらも
チョット不安なので
中古屋さんに電話したら
直してくれるとの事
その時 ガソリンタンクのキャップ部分からガソリンが染みてる
キャップに少しガタがある
それを中古屋さんが見つけてくれて
キャップも交換してくれるそうです
いい車屋さんで良かった
  


Posted by ひがし at 23:17Comments(0)ひとりごとお知らせ

2020年12月13日

伐採の下見

かれこれ30年以上お世話になっているお寺の特殊伐採の下見です
実は先週下見に行ったのですが 
とてもとても弊社でこなせるような条件の場所ではないので
今日は専門業者に見てもらいました



道路とお墓、物置やお堂もあります
通行止めにする迂回路もありません
かなり厳しい条件です
その道のプロにお願いするしかありません
そんな仲間のネットワークは大切です

全てお願いする予定でしたが
枝葉のごみ処理を遠方にもって行くしかないそうで
枝葉の処理は弊社でする事になりました
  


Posted by ひがし at 22:37Comments(0)ひとりごと伐採

2020年12月11日

庭の断捨離

今日の現場は30年以上お世話になっているお宅です
他社が造った庭でその後少し改造させて頂きましたが
今回いらない木を思いっきり切る事になりました

普段のおうちの人の管理が除草剤とブロワーで管理出来る庭にします
五月やドウダンツツジ等の下草を殆ど切り
弱っている木や混んでいる木
何本も立ってる金木犀等は一本立ちにします

つる性の植物の根も沢山あるので
除草剤で枯らす予定で
除草剤を散布する事で苔を生やします
苔むした古い感じの庭にするのが最後の目標です
家も古い農家作りの家なので合うと思うのですが
余りの変わりように奥さんから少しブレーキがかかってしまいました
しょうがないと思います
また何年か後に少し切れればと思います








  


Posted by ひがし at 22:59Comments(0)手入れ・管理ひとりごと

2020年12月07日

31年間ありがとう

今日限りで引退します
松田君







マツダのタイタン君です
平成元年車です

私が独立したのが 昭和56年 23歳の時
独立後39年
そのうちの31年間頑張ってくれた
私と共に歩んでくれた
ありがとう

せめて最後洗ってあげたかったけど
そんな余裕もなかった突然の別れ
127,494km
ただただ ありがとう
そしてお疲れ様




  


Posted by ひがし at 22:32Comments(0)ひとりごと

2020年11月29日

石積み講習会

今日は茨城県技能士会と日本庭園協会茨城県支部の共同企画で
石積みの講習会

今年は超多忙なので行けないかなと思いながらも
いい天気が続いたので申し込み締め切り後
5日前に申し込みのファックスをした

そして今日時間ギリギリに受付をしていたら
技能士会の会長が肩を叩く
「東さん、今日講師頼むよ。」
え~~~~~~ 聞いてねぇよ~~~~~
今日の内容も殆ど知らずに講師は無理でしょう
前回の講習会の時も講師やってって電話もらったんだけど
その時は勘弁してもらいました
何しろ相手はプロ
プロの前で私のような者が・・・・
とてもとても恥ずかしくて・・・・

事前連絡も無くて今日の式次第のプリントに名前が印刷されている
まぁ 手積みの石積みだから大丈夫かとは思うけど
もう始まるまでドキドキ ドキドキ・・・

始まれば段々落ち着いてはきたものの
何組かに分かれての講習なので
周りの進行具合が気になる
やるからには綺麗に早く仕上げたい
講師というより職人だね
教えるなんて無理だから
とにかく自分で積む事ばかり考えてしまう

午前中飛ばしすぎてクタクタ
午後は動けない・・・(笑)
講習会は随分行ったけど
こんなに頑張ったのは初めて
とてもいい経験させてもらいました

そして明日は同じのをばらして積み直すと言う
もう一度改めて見つめ直せる
周りを気にしないでやってみようと思う





今日の講習会の場所を提供してくれたのがつくば市神郡の普門寺さん
古い立派なお寺です
庭もとってもいいお庭です
今までにも何回か拝見させて頂きましたが
今日も帰りに見せて頂きました
近くにおいでになる事があれば
是非見に行って下さい
とっても素敵なお寺です


  


Posted by ひがし at 17:01Comments(0)ひとりごと石積み講習会

2020年11月29日

石積み講習会 2日目

今日の講習会は
午前中は昨日の続きの石積み

今回は石の種類や積み方を色々変えて試した
とても有意義な講習会でした

でも身体はクタクタ
手積みはきついです
もう60過ぎのおやじには無理です (笑)